ブログ Blogs

ブログ

GREENMAX発泡スチロール溶融機は、高い埋立てコストの問題を解決します

ページビュー:46 / リリース時間:2021-02-19
最近、INTCO Recyclingの支援を受けたアメリカのお客様は、高額の埋め立て料金を払い続けるのか、発泡スチロール溶融機を購入するのかという問題に直面しました。このお客様によると、日常業務で発泡スチロールの廃棄物がますます発生しているとのことです。これらの発泡スチロールの廃棄物はリサイクル可能ですが、無料で収集する企業はありません。結局、顧客はゴミ箱の発泡スチロールを毎回300ドルで処分するために900ドルを費やしました。

発泡スチロールの廃棄物

この事件の後、お客様は、発泡スチロール溶融機を購入すれば、ごみ処理のコストを節約できるだけでなく、リサイクルから利益を得ることができることに気づきました。しかし、発泡スチロール処理
機の価格が少し高いため、投資する価値があるかどうかはわかりませんでした。

  発泡スチロール溶融機

一般的に言って、100ガロンのごみ箱廃棄物の発泡スチロールの処分価格はアメリカで約60ドルですが、安価な発泡スチロール溶融機はわずか約30000ドルです。これは、廃棄物が500ガロンを超える可能性がある場合は、発泡スチロール溶融機に入れる必要があることを意味します。一方、1ポンドあたり約0.2ドルで販売できる、リサイクルされた発泡スチロールのインゴットからも利益を得ることができます。

  発泡スチロールのインゴット

一部のロジスティクスプロバイダーとリサイクル業者は異なる都市に場所を設定しているため、発泡スチロールの収集の問題を心配する場合があります。実際、これはまったく心配ありません。INTCO Recyclingが提供するGREENMAX発泡スチロール溶融機は、トラック上で移動でき、トラックのドライブで発泡スチロールのリサイクルを実装できます。ばらばらの廃棄物を発泡スチロール溶融機に入れると、ばらばらの材料が圧縮され、輸送コストと保管スペースが節約されます。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478