製品紹介 Products

製品紹介

発泡スチロール素材のリサイクル方法


発泡スチロール廃棄物の定義
私たちの生活の中で様々な産業で生産された発泡スチロール素材は、産業廃棄物と呼びます。

廃棄発泡スチロールの種類
発泡メーカー、発泡カッター、物流業界、家電包装業界、魚市場が生産する発泡プラスチック廃棄物はすべて産業廃棄物です。

廃棄発泡スチロールの再利用
関連する規制により、関連する生産廃棄物またはリサイクル会社に処分料金を支払う必要がありますが、同時に、関連産業が生産するリサイクル機器を使用して、このようなフォーム廃棄物をフリットに圧縮して販売することができますフォトフレーム、ミラマット、ボールペン、ハンガー製品などの造粒製造用のターミナルへ。

昔発泡スチロールの回収、リサイクルを行う産業廃棄物中間処理会社で主な回収方法は、リサイクルプラスチックの材料を回収して、発電および熱交換ボイラーの燃料生成のための回収方法です。リサイクルできない場合は埋め立てることも多いです。それは環境に対しては悪いです。

環境保護意識の増加により、現在、主なアプローチは大量の発泡スチロールをリサイクルすることであり、多くの企業またはスーパーマーケットは、発泡スチロールの減容機あるいは溶融機を導入し、それを単独で取り扱い(分別 洗う)、作った発泡スチロールインゴットあるいはブロックを高く国内外の顧客に販売します。再生発泡スチロールは再生psペレットを生産できて、額縁メーカーとか建材メーカーとかはpsペレットを再生原料として美しい製品をデザインして、生産しています。

発泡スチロール処理機
大量の発泡スチロールを製造する場合、発泡スチロール減容機を導入して処理コストと運送コストを削減することができます。発泡スチロール処理機の構造は比較的単純でメンテナンスが容易であるため、大型スーパーマーケット、物流会社、家電メーカー、流通センター、魚市場で自分で発泡スチロールを減容しています。

GREENMAXは発泡リサイクル機器の専門メーカーであり、低価格で、ヨーロッパおよびアメリカのコア技術を使用し、コストパフォーマンスが非常に高いです。機械を選ぶ時に、是非現在の廃棄物処理コストと発泡スチロール減容機の導入および運用コストを比較した後、決めます。

代理店募集中 Lucyshen@intco.com 050 58060288