導入事例 Cases

導入事例

発泡スチロール溶融機によるEPSのリサイクリングを実現した世界最大の改装企業の一つ

ページビュー:303 / リリース時間:2020-01-10
GREENMAX発泡スチロール溶融機は省エネです。1日8時間稼動しても電気代が約1,000円程度。 スイッチ入れると直ぐに稼動し、機械トラブルが少ないです。稼働中に煙や匂いが無いため、周囲に支障がありません。熱による減容ではないため高品質の減容品が仕上がります。
go trg
難燃材入り建材発泡スチロール(XPS・スタイロフォーム)なら容易に減容できます。GREENMAX発泡スチロール溶融機は大変お求めやすい価格。 1時間40~80Kg減容できるマシンでは日本一の安さです。
2007年にトロントに設立されたGO TRGは、カナダに2支店、米国に4支店と同じ、世界で最も大きくて技術的に最も先進的な消費者製品の修繕会社の1つです。また、西海岸のSOHNENと同様、GO TRGはWalmartの製品リニューアルサービスも提供しています。Lowes、Apple、Bestbuyもサービスの対象です。
 発泡スチロール廃棄
いままで、GO TRGは最高水準の電子製品を数万点に改装し、主にWalmart、Costcoやほかのの米国の小売業者、特にテレビやディスプレイの返品修理に従事しています。返品について、GO TRGはWalmartの近くに自社の倉庫を設置しており、密封および貨物検査の後、良好な状態の商品は、破損した場合には直接再梱包され、修理されて元の発泡スチロール包装を投げ捨てられ、新しいパッケージに置き換えられます。したがって、これらの発泡スチロールのパッケージが約6,000〜7,500kg /月になるので、発泡スチロールをリサイクル事業を始めます。
 発泡スチロール溶融機
この前、発泡スチロールのパッケージは全部直接投棄され、多くの費用がかかり、大きな面積をカバーしていました。この後、発泡スチロールの数が増え、Walmartの要求に応じて、GO TRGは発泡スチロールのリサイクル専用機を購入することにしました。
 
GO TRGはすぐに発泡スチロールのリサイクル会社を調べ始め、慎重的に比較した後、独特なデザイン能力とリサイクルされた発泡スチロールインゴットを買うためのトータルソリューションのためにGREENMAXと協力することにしました。

代理店募集中 Lucyshen@intco.com 050 58060288