導入事例 Cases

導入事例

クイーンズランド州は発泡スチロールリサイクルのためにGREENMAXと戦略的なパートナーシップを確立しました

ページビュー:1012 / リリース時間:2019-10-31

 発泡スチロールリサイクルクイーンズランドは、オーストラリアのクイーンズランドにある経験豊富な発泡スチロールリサイクル会社です。 また、クイーンズランドでポリスチレンのリサイクルに従事する最初の会社です。  REPSAのメンバーであるLeo Sinesは、19年前に会社を設立しました。


2000年に、誰もが発泡スチロールをリサイクルする方法を知らず、埋め立てられる発泡スチロール廃棄物が大量に発生したとき、レオさんはこの機会をつかみ、2つの発泡スチロール溶融機に投資しました。 発泡スチロール廃棄物は、事業所、評議会、スーパーマーケットなどから発生します。さらに、発泡スチロールリサイクルクイーンズランド州は、発泡スチロール包装のリサイクルに問題があるため、地元住民が無料で廃棄ポリスチレンを回収することもできます。

1


長い間、発泡スチロール廃棄物は中国に輸出されていました。 しかし、20177月の中国の廃棄物禁止により、貿易業者は廃棄物を輸出することができませんでした。 その間、レオさんは引退し、彼の娘エリザベスさんと義理の息子ダニエルさんに置き換えられました。

20185月、ダンさんは、INTCO20年間ポリスチレン廃棄物の調達に携わった経験を持つ会社であり、マレーシアに発泡スチロールリサイクル会社を建設するために2億元を投資したことを知っています。 すぐに、彼らはINTCOと協力し、最初の事業は20186月に始まりました。

発泡スチロールのリサイクル191031


     20185月、ダンさんはINTCOがGREENMAX発泡スチロール溶融機を製造している発泡スチロールリサイクル会社でもあることを知りました。 元の原料からの圧縮材料は常に非常に軽く、たったの10-12トンしかなかったので、ダンさんは常に古い機械を新しい発泡スチロール溶融機に取り替えるという考えを持っていました。  GREENMAXの営業員がダンさんに新しい発泡スチロール溶融機がどのように機能するのかのビデオを見せたとき、彼はGREENMAXの機械に良い評価をしました。

発泡スチロール インゴット191031


201812月、最初のGREENMAX発泡スチロール溶融機がPRQの倉庫に設置されました。ダンさんはこの機械の処理能力と処理スピードに驚きました。 効率がとても高いと評価されました。実際に、機械を納入した以降、彼らの倉庫も清潔で整頓されています。 圧縮された発泡スチロールの重量は20t〜24トンに達することができ、そして利益は今までよりはるかに高くになりました。


19年と2世代にわたる努力の末、PRQはついにINTCOGREENMAXとの戦略的なパートナーシップを確立しました。 市場がどのように変化しようとしても、協力は決して停止しません。 同時に、オーストラリアのクイーンズランド州では、埋め立てされるのではなく、より多くの発泡スチロールが効果的にリサイクルされることが期待されています。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405