ブログ Blogs

ブログ

発泡スチロール処理機のサーキットブレーカーの問題を解決する方法

ページビュー:186 / リリース時間:2021-02-27

科学技術の発展と人々の環境意識の継続的な改善により、発泡スチロール処理機はリサイクル業者が発泡スチロールリサイクルするための好ましい手段になりました。


高密度化技術を使用した微細な機械として、発泡スチロール処理機は完璧な回路システムを備えています。リサイクル機械業界を代表するGREENMAXマシンを例にとると、その機器は優れたアクセサリを備えているだけでなく、完全なトラブルシューティングも提供します。この記事では、回路ブレーカー(モーター保護スイッチ)を例として取り上げ、その障害に対処する方法を示します。


発泡スチロール処理機



考えられる状況

発泡スチロール処理機のサーキットブレーカーが故障した場合、通常、次の4つのケースがあります。

1.装置のモーターが作動しない。

2.デバイスのタッチスクリーンインターフェースに「Xモーター過負荷」と表示されます。(Xはデバイスの任意のモーターにすることができます)

3.サーキットブレーカの黒いボタンは押せません。

4.デバイスの頻繁なトリップ。


発泡スチロール処理機


障害の原因と解決策

1.実際の電流がモーターの定格電流と一致していません。

2.サーキットブレーカの機械的構造が損傷している。

3.サーキットブレーカの主接点が焼けているか損傷している。

上記の3つの理由でサーキットブレーカの故障が発生した場合、一般的な処理方法では解決できないため、発泡スチロール処理機が正常に動作するようにサーキットブレーカを交換するしかありません。

4.機器のモーター過負荷。つまり、モーターの作業負荷がその効率を上回っています。

5.サーキットブレーカーの欠品。

上記の2つの理由でサーキットブレーカが故障した場合は、入力電圧と出力電圧を確認し、モーターが損傷していないか、スタックしていないかを確認できます。

一般的に、モーターを修理・清掃すれば問題は解決します。


発泡スチロールリサイクルに対する需要が高まっているため、多くの企業が発泡スチロール処理機の設計と販売に携わっています。ただし、GREENMAXのような障害分析やソリューションは多くありません。さらに、どの国に住んでいても、GREENMAXに協力することを選択します。マシンに障害が発生すると、エンジニアをオンサイトメンテナンスに派遣します。この質の高いサービスは注目に値しませんか。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478