発泡PSの処分とリサイクル

一、発泡PSの処分

発泡PSPSP)とは何ですか?PSPはポリスチレン製食品トレーの略です。発泡スチレンシート(PSP)はポリスチレン樹脂を数倍から十数倍に発泡させた製品ですポリスチレンと発泡剤を押出機に投入し、金型から出てきた筒状のもの(シートと呼びます)を半分に切り上シートと下シートを別々の巻取り機で巻取り、ロール状にして製品を作ります。発泡スチロールトレーと呼ばれ、シート状にした発泡ps型で抜き、主に食品容器として使われています。 食品トレイ、ポリスチレンカップ、コーヒーカップなど、PSPには多くの利用方法があります。 この材料を簡単に確認でき、食品材料として認識されています。特性を活かして主に食品容器に使われています。お肉やお刺身等の食品トレー、納豆やカップ麺の容器、果物パックなどに使われています。 そのため、ほとんどの食品包装はPSPで作成できますが、PSPは分解しにくいので注意が必要です。 したがって、PSP素材を直接投げることは避けてください。

発泡スチレンシート(PSP)


二、発泡PSのリサイクル

発泡PSはどう処分しますか?

工場やスーパーマーケットで発生する廃棄物発泡PSは産業廃棄物になります。指定された会社に処分料金を支払い、回収と処分を依頼する必要があります。

発泡PSを回収する産業廃棄物処理会社は、発泡スチロールの選別、溶解、リサイクルを行っています。主なリサイクル方法は、再生プラスチックとして使用されるマテリアルリサイクルと、発電および熱交換ボイラーの燃料として使用されるサーマルリサイクルです。リサイクルできない場合は、埋め立てることができます。

発泡スチロール減容機200313

生成される量が多い場合は、自分で処理してコストを削減します。

廃棄する発泡スチロールが大量にある場合、一部の企業は発泡スチロールの溶解機を導入して、それを自分で処理しています。

大量の発泡スチロールが生成される場合、発泡スチロール溶解機を導入して、廃棄コストを削減し、コストを削減できます。発泡PSの溶解機は、構造が簡単でメンテナンスが容易なため、大規模な商業施設、流通センター、魚市場に導入されています。

ご連絡いただければ、設置費用、電気容量、処理量に応じて投入用のコンベアなどもご提案いたします。現在の処理コストと発泡PS溶解機の導入および運用コストを比較して判断してください。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405