ブログ Blogs

ブログ

廃棄物とリサイクルの収集作業員は、発泡スチロール溶融機を使用して都市を清潔に保ちます

ページビュー:952 / リリース時間:2020-04-11

この特別な期間、私たち自身の安全のために、ほとんどの人は家にいますが、社会の正常な運営を維持するために一生懸命に働いている人はまだたくさんいます。 廃棄物とリサイクルの収集作業員は、現在の主要作業員の1つです。発泡スチロール再利用のために、 彼らは発泡スチロールの廃棄物を道端のごみ箱から発泡スチロール溶融機に投入するために頑張って働いており、彼らは素晴らしい仕事をしています。


ps廃棄物-200411

 ごみ収集車を運転している廃棄物・リサイクル収集作業員は、少なくとも週に1回、街頭に集まり、道端の青いごみ箱に溜まった発泡スチロールの廃棄物を収集し、政府が設置するリサイクルセンターに運びます。 リサイクルセンターでは、専門のリサイクル機である発泡スチロール溶融機M-C50が稼働しています。

発泡スチロール溶融機200411

発泡スチロール溶融機は、主に発泡スチロールの膨張特性のために政府によって購入されました。 本機は、ロータリーカッターとホットメルト線材を内蔵しており、まずカッターで破砕し、高温のホットメルトスクリューで加熱します。 発泡スチロール再利用のために、発泡スチロールは溶けると水のように流れますが、冷却すると固くなります。 それを発泡スチロールのインゴットと呼びます。

発泡スチロールのインゴットと発泡スチロールの廃棄物の体積比は90:1に達し、多くの保管スペースと輸送コストを節約できます。 リサイクル機の購入に加え、政府が設置したリサイクルセンターもGREENMAXと協力し、GREENMAXは発泡スチロールインゴットを買取して美しいフォトフレームを製造しています。

発泡スチロールリサイクル200411

COVID-19危機の機関に、住民の日常生活を維持する地方自治体の能力が変化する可能性があり、発泡スチロール溶融機もまた、都市の閉鎖により作業を停止する可能性があります。 今まで仕事してる作業員にもほんとに頑張ります。よりよい都市、よりよい生活!

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405