ブログ Blogs

ブログ

GREENMAXは米国のリサイクル業者さんと協力して、持続可能な社会と環境に役立ちます

ページビュー:217 / リリース時間:2020-02-29
自然に無駄はありません。 ある種からの残骸は、常に別の種の生存の基礎を形成します。 人々はこの完全に無駄のないシステムに従って新製品を設計し、結果として生じるシステムは「閉ループ経済」と呼ばれます。 これらのモデルは、環境に配慮した消費者の数が増加し、閉ループシステムのコスト優位性が高まるにつれて、より一般的になります。

INTCO Recyclingは、このモデルに基づいて完全な発泡スチロール再利用プロジェクトを構築しました。 INTCOは、ポリスチレン廃棄物のリサイクルコストを目指して、専門的な発泡スチロール溶融機を開発し、顧客とリサイクルされた発泡スチロールインゴットやブロックの買い戻しを約束しました。
発泡スチロール廃棄-200229
発泡スチロール再利用について多くの事例を耳にしましたが、住宅用発泡スチロールのリサイクルプロジェクトはそれほど一般的ではありません。 住宅地での発泡スチロールのリサイクルの難しさは、主に、地域の発泡スチロール廃棄物の量の調査、住民のリサイクル意識の向上、分散したコミュニティの発泡スチロールの効果的な確認など、多くの準備が必要なことです。
gm-発泡スチロール溶融機-200229
米国のリサイクル業者さんはINTCOの閉ループ経済モデルを認識し、発泡スチロール溶融機M-C200を購入しました。 プロの発泡スチロール再利用のリサイクルマシンは、リサイクルコストを最大限に削減できます。 M-C200と発泡スチロール廃棄物によって生成されるポリスチレンブロックの体積比は90:1に達する可能性があり、保管と輸送にとても便利です。空間節約のほかに、運送費用も減少できます。それに、そのインゴットはまた有価資源としてまた販売できます。
発泡スチロール再利用
発泡スチロールインゴットとブロックは、フォトフレーム、ハンガー、木材のような家具、公園のベンチなどの原材料になります。リサイクル業者さんはINTCOに販売したり、エンドマーケットでエンドバイヤーを自分で見つけることができます。 言い換えれば、リサイクル業者さんは完全にポリスチレンブロックを販売することで利益を上げます。 ポリスチレンの寿命も新しいサイクル製品に生まれ変わりました。

リサイクル業者さんとGREENMAXの協力により、完全な閉ループ経済が実現しました。 INTCOは、現在の環境への圧力を緩和するために、より多くの地域のリサイクル業者さんと協力することを楽しみにしています。興味がございましたら、お気軽に問い合わせください。
代理店募集中 Lucyshen@intco.com 050 58060288