ブログ Blogs

ブログ

異常気象により環境問題が発生し、発泡スチロール再利用が話題となっている

ページビュー:127 / リリース時間:2021-08-12

異常気象は「頻繁な訪問者」になっています。月曜日の国連気候科学報告書によると、地球温暖化により、50年に1回発生していた極度の熱波が10年に1回発生すると予想され、大雨や干ばつも頻繁に発生している。紙では環境保護、特に非分解性の発泡スチロールについては語ることができなくなり、発泡スチロール再利用が話題になっています。


異常気象


実際、地球の平均温暖化は摂氏1度を超えているため、私たちはすでにこれらの気候変動の影響を経験しています。地球がさらに暖まるにつれて、熱波、干ばつ、大雨はより頻繁で極端になるだけです。報告書によると、1900年に大規模な人為的温暖化が発生し始めた1900年以前の50年と比較して、10年に1回の大雨の確率は1.3倍に増加し、湿度は6.7%増加しました。

過去には、10年に一度の干ばつが5年または6年ごとに発生する可能性がありました。異常気象は人間の生存にとって良い兆候ではありません。科学者たちは、気候変動のこれらの影響がすでに現れていることを強調しています。 6月のアメリカ西北部の熱波によって数百人が死亡しました。ブラジルは現在、91年間で最悪の干ばつを経験しています。


图片2


未来はより厳しく見え、より暖かいということはより頻繁な極端な出来事を意味します。他のすべての極端なイベントと比較して、熱波の頻度は温暖化とともにより増加します。1世紀以来、約6年ごとに2つの熱波が発生し、気温は摂氏1.5度上昇します。報告によると、このレベルは20年以内に超える可能性があります。

 

環境問題はますます深刻になり、多くの国が環境保護の呼びかけに応え始め、プラスチックは環境保護の障害となっています。何十年もの間、発泡プラスチックは多くの産業にとって不可欠な原料になっていることを認めなければなりません。しかし、石油の不足、発泡スチロールの自然分解の難しさ、発泡スチロールの回収の難しさは、プラスチック業界の頂点に立つ大きな山になっています。


图片1


日本には発泡スチロールリサイクルについては、厳しい基準と要求がありますが、地元の日本企業はどのようにEPSをリサイクルしていますか?発泡スチロール減容機は彼らの「アーティファクト」になっています。 1台の機器は1時間で100kgのEPS廃棄物が処理でき、これらの体積を元の1/90に減らすことができます。このようなリサイクル方法は、EPS廃棄物の蓄積の問題を解決するだけでなく、リサイクル後の圧縮された材料でさえ、他の業界が購入しようとしている原料になっています。


GREENMAX発泡スチロール処理機は、Intco Recyclingのスターシリーズです。多くのお客様にご利用いただけるのは、この装置の性能の良さによるものです。安定した処理、高強度の圧縮、および低い人口要求などもメリットです。これは日本の沢山の産業にとって良い選択です。Intco Recyclingというブランドが2008年に誕生して以来、世界中で1,000台ごろ販売してきました。それは発泡スチロールの取り扱いについて信頼できるパートナーです。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com