ブログ Blogs

ブログ

どのように発泡スチロール溶融機でグリーン企業になる

ページビュー:494 / リリース時間:2020-08-21
メディアによるポリスチレン汚染の広報は、企業が環境に対する責任をある程度消費者に伝えるのに役立っています。しかし興味深いのは、環境保護に対する消費者の意識の高まりにより、企業はポリスチレン廃棄物を処理するために発泡スチロール溶融機を導入することを余儀なくされたことです。
発泡スチロール溶融機MC100
 商品を購入する際に環境保護を考慮に入れる消費者はますます増えており、また、環境に優しい材料の価格を徐々に受け入れています。消費者の選択は企業の選択に影響し、企業は彼らが「環境に優しい」ことを証明する必要があります。
消費者だけでなく、環境保護政策が徐々に厳しくなっていることも、企業にできるだけ早く変革を促すことです。企業は環境に配慮したポリスチレン廃棄物の処理計画を提供するか、生産中リサイクルポリスチレンの一定の割合を使用することを約束します。それが現在の傾向です。
ポリスチレンメルターがリサイクル
GREENMAX発泡スチロール溶融機は、近年企業から支持されています。これは最大90:1の圧縮比を持つポリスチレンメルターであり、企業がリサイクル効率を大幅に向上させるのに役立ちます。家電メーカーなら倉庫に置いてください。家電製品のポリスチレン包装廃棄物は、適時に圧縮することができます。ロータリーカッターで破砕し、ホットメルトスクリューの高温で溶融した後、固形レンガと同様に高密度の発泡スチロールインゴットを製造します。
発泡スチロールリサイクル200821
最も重要なことは、GREENMAXポリスチレンメルターがリサイクルの最終的な問題を保証できることです。発泡スチロールインゴットは一部の端末メーカーに特別商品として販売できて、GREENMAXは市場価格で購入し、フォトフレームやその他の製品の製造に使用することも約束しています。言い換えれば、発泡スチロール溶融機を使用している企業はグリーンです。

発泡スチロール溶融機の使用は企業が環境責任を負う方法の1つです。会社に環境ロゴを与えるだけでなく、利益を得ることができるのであれば、それをしてみませんかhttps://www.greenmax.jp/reuse/advantage02.html

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478