導入事例 Cases

導入事例

という発泡スチロールメーカーさんがGREENMAXと一緒に発泡スチロールのリサイクル問題を解決しました

ページビュー:865 / リリース時間:2020-09-11

HIRSCH グループは、オーストリアに本社を置き、発泡スチロール製造業界で45年の経験があり、フランスには5つの発泡スチロール製造工場を含む、ヨーロッパにも25箇所の製造工場があります。フランスではHIRSCH ISOLATION(セントゴバン)と呼ばれています。断熱材の製造の専門家として、エンクロージャー全体の効果的で持続可能な処理のためのソリューション、即ち発泡スチロール溶かし方とリサイクル方法を提供し、効果的な断熱材の再生を実現するように取り組んでいます。

HIRSCH ISOLATION
発泡スチロール建材など断熱製品の製造中、HIRSCH ISOLATIONは、ダストシステムから発泡スチロールスクラップと発泡スチロール粉塵とかの廃棄物を生成します。そのため、発泡スチロールのリサイクルソリューションも探していました。
発泡スチロール溶融機
HIRSCH ISOLATIONが以前に使用していた発泡スチロール溶融機は、発泡スチロールのスクラップと発泡スチロール粉塵を同時に処理できません。別々に処理するには、異なるリサイクル機器を使用する必要があります。したがって、それは労働の無駄であり、設備と電気への多くの投資を必要とします。さらに、発泡スチロール粉塵の処理効果は理想的ではありません。
発泡スチロールインゴット
2019年にドイツで開催されたKショーで、HIRSCH ISOLATIONは、GREENMAX Marsシリーズ発泡スチロール溶融機が発泡スチロールスクラップと発泡スチロール粉塵など廃棄物を同時に処理できることを学びました。さまざまな種類の発泡スチロールの圧縮比(90:1)により、より多くの保管および輸送コストを節約できます。

詳しい情報を了解した後、HIRSCH ISOLATIONは、2020年6月に自社の倉庫と生産ワークショップ用にカスタマイズされたGREENMAX 発泡スチロール溶融機を購入して発泡スチロールのリサイクルを処理し、圧縮された発泡スチロールインゴットをINTCO Recyclingに販売し、発泡スチロールの溶かし方で再生して、全体な循環ルートを形成することで合意に達しました科学的な発泡スチロールリサイクルと持続可能な開発を実現します。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478