ブログ Blogs

ブログ

発泡スチロール溶融機を備えたリサイクル業者がリサイクルイベントを長時間保持できる理由

ページビュー:561 / リリース時間:2020-03-21

ワシントン州カリフォルニアを除いて、米国の他のどの州も、フォーム廃棄物を都市リサイクルシステムに取り入れていません。 住民の生活の中で発生したフォーム廃棄物は、道端の青いリサイクルビンに入ることはできません。 代わりに、発泡スチロール溶融機を備えたリサイクル業者に、コミュニティでの定期的な発泡スチロール処分を実施させます。 


発泡ps-200321


業者が発泡スチロール処分のために圧縮機が必要とするのはなぜですか? 発泡スチロールは98%の空気を含んでおり、軽量でかさばります。 これらの特性により、フォームリサイクルは輸送および保管においてコストの高い問題となり、発泡スチロール溶融機はこの問題を解決できます。GREENMAXは、発泡スチロール溶融機の製造を専門としています。発泡スチロール溶融機は、圧縮方式に従って3つのシリーズの発泡スチロール溶融機に分かれています。 たとえば、GREENMAX発泡スチロール減容機A-C100には、ロータリーカッターとコールドプレススクリューが装備されています。 フォーム廃棄物を機械ホッパーに投入し、破砕と冷間プレス後に生成されるフォームブロックとフォーム廃棄物の体積比は50:1に達します。同時に、A-C100の1時間あたりの最大出力は100kgです。 中小規模のリサイクル業者のニーズを完全に満たすことができます。 


発泡スチロール溶融機200321

発泡スチロール溶融機は、リサイクルコストを大幅に削減できるだけでなく、フォームリサイクルを有益なプロジェクトにすることができます。 リサイクル業者は、発泡スチロールのブロックを商品として販売し、フォトフレームやハンガーなどの最終市場で利益を得ることができます。 マシンの販売に加えて、GREENMAXは資格のあるバイヤーでもあります。 

発泡スチロールインゴット-200321

純粋に公共の福祉コミュニティのリサイクル活動は長くは続かないことを知っておく必要があり、廃棄物を利益に変えることができるので、発泡スチロール溶融機を所有しているリサイクル業者を除き、誰もフォームリサイクルの大きなコストを負担するつもりはありません。


代理店募集中 Lucyshen@intco.com 050 58060288