導入事例 Cases

導入事例

ACIケミカルズ-韓国のリサイクルプログラム統合会社は、モバイルEPSリサイクルを実現するために発泡スチロール溶融機を生産するGREENMAXと協力しています

ページビュー:208 / リリース時間:2021-01-22

ACI Chemicals Asia Inc.(ACI케미칼)は、韓国で有名なリサイクルプログラム統合スペシャリストであり、廃棄物管理機械のエンジニアリング、生産、設置、運用、およびASサービスを専門としています。

aci

過去数年間、ACIは韓国のさまざまな地方政府がリサイクルセンターを設立するのを支援し、2019年にGREENMAXと協力して、モバイルEPSリサイクルプログラムを実現するために車載発泡スチロール溶融機を購入しました。

2019年、ACIは韓国の済州島での政府のリサイクルプログラムの目標を獲得し、地域が発泡スチロールリサイクルプログラムを設計するのを支援し始めました。その特別な地理的位置のために、島での輸送は制限されています。しかし、島の観光産業は順調に発展し、多くの訪問者を呼び込み、地元の果物や野菜の需要が高まっています。ご存知のように、果物、野菜、シーフードは通常、輸送プロセス中の損傷を避けるために発泡スチロールで梱包されており、島に大量の白い発泡スチロール廃棄物が蓄積されます。

発泡スチロール溶融機GM

ACIはこれに気付いたため、エンジニアチームと連絡を取り合った後、GREENMAXは、済州島の特別な地理的位置である不便な輸送と散在するリサイクルセンターと組み合わせて、ACI用のトラックに搭載できるモバイル発泡スチロール溶融機A-C100を特別に設計しました。

この車載EPSリサイクルシステムは、従来の発泡スチロール溶融機をトラックに搭載できます。トラックは、済州島のさまざまな野菜や果物の市場のリサイクルセンターにこのモバイル発泡スチロール溶融機を搭載して、毎日大量の発泡スチロールブロックが圧縮されます。

発泡スチロール減容機

2020年の終わりに、ACIのディレクターであるハリソン氏はGREENMAXチームに、済州島政府はGREENMAXが提供する機器とモバイルEPSリサイクルソリューションに非常に満足していると語った。

発泡スチロール中間処理

現在、この車載GREENMAX 発泡スチロール溶融機は、済州島が至る所に散在する約800kgのEPS廃棄物を処理するのに役立ちます。これらのEPS廃棄物は、地理的な分散と不便な輸送のために以前はランダムに廃棄され、さらには海に流れ込み、深刻な白質汚染を引き起こしていました。韓国の有名な観光名所として、済州島はEPS廃棄物に非常に悩まされています。現在、ACIとGREENMAXの共同の取り組みにより、1日あたり約800kgのEPSが効果的にリサイクルされています。圧縮された発泡スチロールブロックは、最終的に韓国のEPSリサイクルおよび製造工場に送られ、新しいプラスチック製品が製造されます。



代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478