導入事例 Cases

導入事例

GREENMAXがLOVEREと手を組み、中国・上海の「Integration of Two Networks」で発泡スチロールリサイクルを促進する

ページビュー:157 / リリース時間:2021-06-09
GREENMAXがLOVEREと手を組み、中国・上海の「Integration of Two Networks」で発泡スチロールリサイクルを促進 楊浦区は、中国・上海市の中心都市圏として初めて地域全体で廃棄物分別を推進する地域の一つとして、上海に家庭ごみ分別の実証区を積極的に設けており、分別収集・運搬・処分の管理システムを基本的に確立している。また、「2つのネットワークの統合」という新しいリサイクルモデルを促進するように市場プレーヤーを積極的に導き、廃棄物削減の効果は重要です。

収集運搬処分の管理

「二つのネットワークの統合」とは、家庭ごみの分別収集運搬システムと国内の再生可能資源リサイクルシステムの統合を指します。端的に言えば、国内の再生可能資源やその他の家庭廃棄物の統一的な分別取引、分別収集運搬、資源循環を実現することです。中国・上海市楊浦区は「2つのネットワークの統合」システムを積極的に構築し、資源の「ポイント、ステーション、ヤード」の建設を促進し、家庭の廃棄物の削減と資源利用のレベルを向上させています。

lovere

LOVERE は楊浦区に大規模な分別センターを設置し、主に住民のリサイクル品の分別、梱包、移動を行っています。現在、紙くず、繊維くず、ペットボトル、HDPEペットボトル、ガラス、金属などは効果的に分別・リサイクルされています。廃棄された白いEPSフォームだけでは解決策がなく、自治体や住民は頭を悩ませています。

廃棄された白いEPS

昨年の IFAT 展示会で、LOVERE の 黄様は、GREENMAX 発泡スチロール圧縮機のプロトタイプを見た後、この機械は廃棄 EPS フォームのリサイクルにまさに必要であると述べました。 LOVERE によると、以前は国内の小規模工場で製造された 発泡スチロール圧縮機も使用されていたという。価格は安いが故障率は極めて高い。機械のサイロは多くの場合、高温で溶融して凝集し、作業効率や現場の5S環境に大きく影響し、潜在的な安全上の問題も発生させます。

発泡スチロール圧縮機

一連の検査と比較の結果、LOVERE は 2021年5月末に Apolo C100 ベーシック発泡スチロール圧縮機をGREENMAXから購入し、楊浦区の仕分けセンターに置きました。 EPSフォーム廃棄物を圧縮するための他のEPSマシンと比較して、GREENMAX発泡スチロール圧縮機は、より高速な排出と低ノイズ、より省エネで環境に優しい、熱溶融の欠陥を解決できる長い連続作業時間など、多くの優れた特性を備えています.さらに、GREENMAX発泡スチロール圧縮機はすべてPLC全自動制御であり、機械パラメータのデバッグをリモートで解決できるため、アフターサービスの効率が大幅に向上します。

現在、上海の楊浦区にあるこのサイトはパイロットに過ぎません。今後、LOVEREは全国でさらに多くの中継基地と選別センターのプロジェクトを実施する予定です。 GREENMAX は、必ずLOVEREと協力して、白い泡の汚染を解決します。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com