導入事例 Cases

導入事例

GREENMAX発泡スチロール溶融機で発泡スチロールのパッケージをリサイクルする

ページビュー:138 / リリース時間:2021-03-13
アプライアンスウェアハウスは、米国北東部で最も専門的な家電リサイクル会社の1つです。 現在、ニュージャージー州とペンシルベニア州に2つの倉庫があり、どちらも家電リサイクル事業を行っています。 GREENMAXとApplianceWarehouseの合作は、主に廃棄発泡スチロールリサイクルソリューションに基づいて2019年に開始されました。

Appliance Warehouse

GREENMAXがこの会社について最初に知ったとき、それはペンシルベニアの古い建物の中にありました。 同社は主に家電製品や金属などの廃棄物のリサイクルサービスを行っていた。 また、発泡スチロール製のパッケージのリサイクルサービスも提供しました。 しかし、当時の古い設備の限界から、発泡スチロールリサイクル業務の規模は拡大できません。

廃棄物をリサイクルするために

2019年には、ニュージャージー支店の急速な発展に伴い、発泡スチロール廃棄物の量も増加しました。これは、会社の発展にとって問題であることが判明しました。 2019年下半期、アプライアンスウェアハウスは発泡スチロールリサイクル事業のさらなる改善を検討し始めました。 機器選定におけるPA支店のこれまでの経験から学んだ後、発泡スチロール溶融機の投資は市場調査に長い時間を要しました。 Appliance Warehouseは、ついにGREENMAXとの協力を選択し、ニュージャージー支店でEPSフォーム廃棄物をリサイクルするためにMARSシリーズの発泡スチロール溶融機を購入しました。

発泡スチロール溶融機M-C100

GREENMAX 発泡スチロール溶融機の使用は、お客様に大きな満足をもたらしました。 2019年のわずか半年で40,000ドル近くの収益を上げ、現在も成長を続けています。 「私たちはスピードに非常に満足しています」とGREENMAX発泡スチロール溶融機を評価します。

同時に、ペンシルバニア支店も事業規模拡大の問題に直面しており、古い設備は、生産能力と効率が不十分であるだけでなく、廃棄発泡スチロールにも大きな制限があるため、廃棄物EPS処分の現在の需要を満たすことができません。 リサイクル。 そのため、2021年の初めに、アプライアンスウェアハウスは、古い機器をGREENMAX 発泡スチロール溶融機に交換することを決定しました。これにより、生産能力が大幅に向上しました。 この装置は、EPS、EPE、EPP、その他の発泡材料など、さまざまな発泡廃棄物を処理できるため、会社の将来の発展にさらに可能性をもたらします。

発泡廃棄物を処理

GREENMAXとApplianceWarehouseは良好な関係を維持しており、 GREENMAX 発泡スチロール溶融機が、発泡スチロールリサイクル業界でより多くのお客様に助けることを願っています。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478