導入事例 Cases

導入事例

発泡スチロールカップのメーカーも自分でリサイクルする

ページビュー:971 / リリース時間:2019-11-19

WINCUPはアメリカの2番目大きいEPSカップ製造者として、アトラント都市に置き、7か所の生産拠点を有します。多年にわたってマクドナルドやスターバックスや他の飲食店にサービスを提供し続けます。製品生産中、多くの不完全なEPSカップが発生するので、それらを回収するため、WINCUPはずっと効率的なソリューションを探していました。

発泡スチロール廃棄

2016,GREENMAXのアメリカチームはニュージャージー州のWINCUP工場を見学しました。 発泡スチロールを効率的に処理するGREENMAXマースシリーズの減容機をWINCUPの担当さんに紹介しました。
WINCUPはGREENMAX発泡スチロール減容機の処理スピードが驚きました。その後、深い興味を持って、GREENMAXの産廃 中間 処理機器ソリューションを研究し始めました。


減 容 機 発泡スチロール-GREENMAX-MC-100

検討の結果によると、GREENMAX発泡スチロール減容機の処理スピードはWINCUPの以前の処理方法と比べて、三倍速いと分析されました。
しかし、GREENMAXの発泡スチロール減容機の価格も相場の2倍ですが、WINCUPチームはよく検討していました。2か月後、彼らのグローバルEPSリサイクルプロジェクトの第一歩の試用として、WINCUPチームはGREENMAX発泡減容機M-C100機型を注文しました。


2016年7月に、GREENMAXアメリカチームはこの機器を取り付け調整しておきました。WINCUPは一番目の機器を正式に運転し始めました。9月になると、WINCUPは減容された発泡スチロールインゴットをコンテナ一台目でINTCOに販売しました。

一年近いの操作として、WINCUPはGREENMAX産廃 中間 処理機械の品質に対して自信が持てました。WINCUPの本部は2番目のGREENMAX機器を投入することが決まりました。2,017年5月、GREENMAXアメリカチームはまたWINCUPの本部工場に見学に行って、本部の状況に合わせて、新しい機器ソリューションで本部の問題を完璧に解決しました。


最も多くの廃発泡スチロール資源を効率的にリサイクルするため、INTCOは引き続きお客様の状況に合わせて、提案をご提供させていただきます。







代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405