導入事例 Cases

導入事例

南カリフォルニア最大の家族経営の家具店の1つは発泡スチロールのリサイクルにGREENMAX溶融機を使用している

ページビュー:964 / リリース時間:2019-11-08


Jerome’s Furnitureは、南カリフォルニアで最大級の家族経営のチェーン家具店です。本社はカリフォルニア州サンディエゴにあります。1954年に設立されたジェロームは、60年以上の発展を経て、現在、南カリフォルニアには11店舗以上の店舗があり、高級家具や人気のある家庭用品を取り扱っています。

1

近年の急速な発展により、ジェロームの倉庫の作業効率はますます高くなっています。その結果、廃棄物、特に家具製品の最も重要な保護材の1つである発泡スチロールの量が増えています。

発泡スチロール ケース

低密度、軽量、大量の発泡スチロールのために、倉庫の効率的な運用への悪影響はますます大きくなっています。いくつかのトラックの発泡スチロールは、毎週効果的に処理することはできず、最終的に埋め立て処分のために引きずることしかできません。

プラスチック 減 容 機



しかし、埋め立て地の解決策は大きな問題を引き起こします。Jerome’s は環境にやさしい会社であるため、まず第一にそれは会社の発展哲学と矛盾しています、どんなビジネス行動も最初にコミュニティと環境との調和を考慮する必要があります。一方、それは高い埋め立て料金を支払う必要があり、最後に倉庫内の発泡スチロール廃棄物の蓄積は深刻なセキュリティリスクをもたらします。

発泡スチロール減容機


2017年に、Jerome’sはフォーム廃棄物をより良く処理する方法を模索し始めました。繰り返しの調査と現地での検査の後、Jerome’sはついにグリーンマックスと協力することを選びました。その理由は、長い間で、GREENMAXが北米の家具業界で高い評価を得てきたからです。

プラスチック 減 容 機

GREENMAXは、Ashley、Living Spaces、The Brick、およびその他の大規模チェーン家具店が、フォームのリサイクルのためのプロフェッショナルなソリューションを提供するのに役立ちます。それから圧縮した発泡スチロールを高価格で買い戻し、額縁製品を市場に販売します。 GREENMAXは、発泡スチロールのリサイクルと再利用の閉ループを実現しています。これまでのところ、GREENMAX発泡スチロール溶融機はJerome’sの倉庫で1年以上稼働しています。


発泡スチロール インゴット

これまでのところ、GREENMAX発泡スチロール溶融機はJerome’sの倉庫で1年以上稼働しています。Jerome’sが10万ポンド以上の発泡スチロール廃棄物を処理するのを手助けし、埋め立て費用を3万ドル以上節約します。Jerome’s Furnitureの発泡スチロールリサイクルシステム全体に質的な変化をもたらします。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405