ブログ Blogs

ブログ

発泡スチロール溶融機は家具メーカーのリサイクルニーズに適合している

ページビュー:378 / リリース時間:2020-08-07

発泡スチロール汚染が世界的な問題になっているので、公共部門と民間企業の両方がこの問題の解決に進歩を遂げています。アメリカでは家具製造業者がGREENMAX発泡スチロール溶融機を使用して発泡スチロール溶かすプロジェクトを立ち上げて発泡スチロールの包装廃棄物の問題を解決します。

家具メーカーは他の企業とは異なります。一般企業が商品を販売した後、発泡スチロールの包装廃棄物の取り扱いに関する責任は顧客に移されます。しかし、高品質のサービスを提供するために、家具メーカーは、設置後に発泡包装の廃棄物を取り除く必要があります。発泡スチロールのリサイクル機を導入しないと、発泡スチロールの包装廃棄物の保管と輸送の効率が非常に低くなります。

発泡スチロールPS廃棄

発泡スチロール溶融機は、破砕とホットメルト技術を使用した、90:1の圧縮比の発泡スチロール溶かすマシンの一種です。カリフォルニアで有名なリサイクルマシンブランドであるGREENMAXによって製造されたGREENMAXは、家具メーカーの特定の要件に従って発泡スチロールリサイクルマシンのスタイルを変更またはカスタマイズして、リサイクル効率を向上させます。

GREENMAX発泡スチロール溶融機



発泡スチロール溶融機が家電製品で購入する価値がある理由は、発泡スチロールパッケージ廃棄物のリサイクル効率を大幅に向上させることに加えて、最終購入サービスも提供するためです。発泡スチロール包装廃棄物は、発泡スチロール溶融機によって溶かされ、次に、発泡スチロールインゴットとも呼ばれる固いレンガと同じくらい硬い再生硬質プラスチックに変換されます。 GREENMAXは、さまざまな絶妙なフォトフレームやミラーフレームを製造するために、機械の顧客が製造した発泡インゴットを買い戻すことを約束しています。



発泡スチロール廃棄物処理は、アメリカだけでなく、世界各地で社会問題となっています。それはプラスチック汚染に関するものだからです。リサイクル効率を改善して利益を得るために、将来アメリカの家具メーカーによる発泡スチロール溶融機の使用は、広く促進される可能性があります。これは、GREENMAXが行っていることです。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478