ブログ Blogs

ブログ

GREENMAX発泡スチロール減容機は、お客様の多様なEPSリサイクルニーズを満たします

ページビュー:372 / リリース時間:2020-04-17

一つの傾向は、発泡スチロールの汚染の深刻さは政府が何かをしなければならないところに達しているということです。 アジアであろうとヨーロッパであろうと、政府は汚染を削減し、すでに生産されている発泡スチロール廃棄物に対処するためのより良い方法を探しています。 たとえば、中国政府は今年、再生可能資源回収システムを上海の国内のごみ収集システムと統合しようとしました。 欧州連合はまた、発泡材関連企業での発泡材の使用に制限を課しました。 発泡スチロール溶かし方を探す中会社はどんどん多くになります。

発泡スチロール捨てる200417


政府はさまざまなアプローチを採用していますが、達成したい目的は同じです。 同時に、GREENMAX発泡スチロール減容機は、いくつかの助けを提供します。 

GREENMAXによって開発された発泡スチロール減容機M-C200は、スクリューホットメルト技術を使用しています。 まず、内蔵のカッターで泡屑を破砕します。 粉末状の発泡廃棄物はスクリュー加熱により溶融します。 最後に、排出口から、固形のレンガのようにリサイクルされた発泡スチロールインゴットを選別します。 

greenmax発泡スチロール減容mc100-200417

発泡スチロールインゴットと発泡スチロール廃棄物の体積比は90:1に達する可能性があり、積み重ねと輸送が非常に容易になります。 単にボリュームを圧縮してリサイクルコストを削減するだけでは、GREENMAXが広く利用可能にならないことは明らかです。GREENMAXの最大の利点は、発泡スチロール減容機の追加サービスです。 GREENMAXは、フレームストリップの製造に使用する発泡インゴットを購入すると約束しました。これは、政府が要求するリサイクルを実現できるだけでなく、企業が利益を上げるのにも役立ちます。 

発泡スチロールインゴット200417

GREENMAXは、サービスをアップグレードし、発泡スチロール溶かし方を通じて、リサイクルプロジェクトを完成させて、幅広い顧客に対応しています。 発泡廃棄物の再利用であれ、発泡リサイクルの収益性であれ。




代理店募集中 Lucyshen@intco.com 050 58060288