ブログ Blogs

ブログ

発泡スチロール処分ソリューション

ページビュー:1033 / リリース時間:2020-04-03

発泡スチロールは、一般にポリスチレン、フォーム、EPSとしてオーストラリアで知られており、包装、物流、ケータリング、釣り、家の装飾業界で広く使用されているプラスチックフォームの一種です。 ポリスチレンは、業界では一般的に#6プラスチックと呼ばれています。

発泡スチロール200403


発泡スチロール·はリサイクル可能な素材です。発泡スチロール処分に対する需要は通常、次の産業から生じます:

発泡スチロール製造および変換産業

ほとんどの発泡スチロール製造業者およびコンバーターにとって、運用プロセス中に発泡スチロールのオフカットを生成することは避けられません。 これらのフォームスクラップは、倉庫の多くのスペースを占め、時間内に処理されないと、火災やその他の隠れたリスクを引き起こす可能性があります。最も重要なのは、ほとんどの地域でポリスチレンの廃棄に高コストが課せられており、発泡スチロールの廃棄物がどれだけの頻度で持ち去られるかについての保証はありません。 発泡スチロール処分は、この一連の問題を解決するだけでなく、発泡スチロールの製造業者と発泡スチロール処理機にさらなる利益をもたらします。

発泡スチロール処理機

廃棄物管理とリサイクル産業

一部のリサイクルセンターは、表面がかさばるため、発泡スチロール廃棄物の受け入れを拒否しています。 実際、これはリサイクル業者や廃棄物管理会社にとっても問題です。 大量のポリスチレンは高い人件費と輸送費を招き、リサイクル会社にとって経済的ではありません。 したがって、ほとんどのリサイクル業者にとって、移動式ポリスチレンのリサイクルと専門的な発泡スチロール処理機が選択肢となっています。

発泡スチロールインゴット200403

発泡スチロールユーザー産業

一部のポリスチレンユーザー、特にスーパーマーケットのチェーン店、果物店、物流会社などでは、毎日大量のポリスチレン廃棄物が発生しています。 これらの店舗は比較的分散しており、ポリスチレンの梱包材を処理するためにすべての場所がリサイクル会社に支払う必要がある場合、それは大きな費用になる可能性があります。近年、ポリスチレンの廃棄物を自分でリサイクルすることを選択するポリスチレン製造業者が増えています。 ポリスチレンのリサイクルは、投資収益率の点で有益なプロジェクトであることがわかります。

発泡スチロール減容機200403


地方自治体と環境組織


環境保護の目的で、地方自治体は発泡スチロール処分の利点を徐々に発見しています。オーストラリアでは、ポリスチレンが埋め立てられる地域がまだたくさんあります。 ポリスチレンは分解が困難であり、土壌中に数百年または数千年も存在し続けるため、動物、植物、さらには人間にとって脅威となります。評議会はポリスチレンプログラムを実施し、住民にリサイクルについてもっと学ぶよう奨励するだけでなく、地元の企業にとって良いイメージを確立します。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405