導入事例 Cases

導入事例

米国家具店はGREENMAX発泡スチロール処理機を使用して、倉庫のスペースと安全性の問題を解決しました

ページビュー:1581 / リリース時間:2019-11-15

米国東部の有名な家具チェーンには11の支店があり、うちの3つはASHLEY FURNITUREの加盟店です。 1947年にメリーランド州バージニアに設立され、本社はバージニアにあります。

GRAND FURNITURE

GRAND FURNITUREと知るのは20182月上旬、倉庫で貯まれる発泡スチロールの梱包材を減らすために粉砕機を探した時でした。倉庫で発生した発泡スチロールの量は多くありませんが、多くのスペースを占めて、そして潜在的な安全の危険を引き起こします。 彼らは他の会社から発泡スチロール溶融があると聞きました、しかし価格が高いと感じて、発泡スチロール粉砕機だけ十分かなと考えました。

発泡スチロール廃棄

実際の状況により、GREENMAXの営業は、米国の家具業界全体における発泡スチロールインゴットの現状と傾向、特にASHLEY FURNITUREが率いる家具店のリサイクルの概念を分析しました。 実際には、価格が安いにもかかわらず粉砕だけはそれらには適していません、彼らは基本的な問題を解決することはできません、単に体積を減らす、そして体積削減の割合は小さいです。 倉庫スペースの問題と安全の問題を効果的に解決することはできません。

発泡スチロールリサイクル機器

あらゆる要因を考慮すると、GREENMAXGRAND FURNITUREは、やはり減容機が発泡スチロールのリサイクルにとって最も効果的な解決策であるという合意に達しました。 一方、INTCOの自社ブランドであるGREENMAXはコストパフォーマンスが一番良いであり、INTCOは減容した後のインゴットを発泡スチロール高価買取回収という利点があります。 GREENMAXを調査した後、2018年にGRAND FURNITUREは減容機GREENMAX M-C200を設置しました。

発泡スチロール インゴット 価格


ミラマット減容機がバージニア州の倉庫に運ばれた後、20188月に作業員を指導訓練するためにGREENMAXはエンジニアさんを派遣しました。 現在、彼らはINTCOに発泡スチロールインゴットを販売するために、インゴットの製造を積極的に試みています。





代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478