ブログ Blogs

ブログ

ワシントンの小売業者さんが発泡スチロール溶融機を導入して、顧客満足度を向上させました

ページビュー:956 / リリース時間:2020-01-21

多くの小売店には、ハロウィーン用のカボチャやクリスマス用の装飾的な雪玉などの休日の装飾品を販売する専用の棚があります。 これらの装飾品はすべてフォームで作られており、非常に便利なようです。軽いし可愛いし、人気があります。スーパーマーケットで購入して、お祭りの雰囲気を家に持ち帰えります。

発泡スチロールゴミ

発泡スチロールのカボチャの価格は約8ドルですが、私たちが支払っている実際のコストは徐々に視野に入ってきています。 メディアの報道と環境運動の台頭は、フォーム汚染が世界中で環境危機を引き起こしていることを思い出させてくれます。 大手小売店である Costcoは、発泡製品の販売をやめようとして、15万人近くの人々にボイコットされました。ワシントンDCの大手小売業者さんがGREENMAX Recyclingと協力して、この発泡スチロール処理してリサイクルできる目的を達成するために発泡スチロール溶融機を導入しました。環境保護に対する消費者の意識は強化されており、製品が環境に優しいかどうかが懸念事項となっています。

発泡スチロール溶融機M-C200
GREENMAXは、小売店の発泡スチロール廃棄物の量に基づいて、発泡スチロール溶融機M-C200を推奨しました。 これは、ホットメルトスクリューを搭載し、発泡廃棄物を90対1の比率で圧縮できるプロフェッショナルなフォームリサイクル機械です。まずはフォームを砕いて、小片の発泡スチロールはまたスクリューから熱で溶かされて押し出しされています。圧縮された後の固形物は発泡スチロールインゴットと呼ばれます。それで、小売店が保管スペースを節約し、輸送効率を向上させ特,輸送コストを節約のほかには、とても便利です。
発泡スチロールインゴット

GREENMAX買戻しの発泡スチロールインゴットは、綺麗なフォトフレームやモールディング、幅木などのインテリア製品に作られています。これらの製品は毎月INTCOから400個くらいのコンテナで世界中に出荷されています。小売業者さんはまたそれらを新製品として再起動して販売できます。 発泡スチロールのリサイクルは、製品の環境保護を改善するだけでなく、資源の実際のリサイクルも実現します。廃棄物から新しい製品に生まれ変わります。循環の社会に人々は力を尽くします。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405