ブログ Blogs

ブログ

政策支援のため、評議会のポリスチレンリサイクルプログラムが一般的です

ページビュー:289 / リリース時間:2019-12-07

発泡スチロール(EPS)または発泡スチロール-家具や電子製品の包装によく使用される白色の「泡状」発泡材料。実際には最大98%の空気で、わずか2%のプラスチックです。その結果、効率的かつ経済的に輸送およびリサイクルすることは常に問題です。

オーストラリアでは、政策支援のため、評議会のポリスチレンリサイクルプログラムが一般的です。伝統的な発泡スチロール処理の方法は埋め立てですが、ポリスチレン材料は自然に分解するのが難しく、環境に大きな害をもたらすため、近年、地方自治体によってポリスチレンのリサイクルがサポートされています。

発泡スチロール廃棄


ポリスチレンは軽量であるため、輸送コストはポリスチレンのリサイクルの主要な要素です。最も一般的には、ポリスチレンスクラップはばらばらの形で袋詰めされるか、輸送前に梱包されます。近年、プロのフォームリサイクル機によるポリスチレン圧縮がますます一般的になっています。圧縮されたポリスチレンブロックは元の体積の5090倍小さく、輸送が容易で、多くの保管スペースを節約できます。発泡スチロール減容機を導入する事によって、今まで支払っていた産廃処理費が無くなり、さらに発泡スチロールを再生してできるインゴットは、リサイクル製品の原材料として需要があるため、有価物収入を得ることができます。

 発泡スチロール処理

GREENMAXは、スクリュー圧縮原理を備えたプロフェッショナルな発泡スチロール減容機を提供しています。 PCLの設定は簡単で、オペレータは開閉ボタンを操作するだけで済み、半自動設計により労力が節約され、操作全体を1人で完了できます。

発泡スチロール減容機

圧縮比が501の場合、圧縮されたフォームブロックは石のように密集することができ、保管と配送のコストを大幅に節約できます。魚箱・食品トレイ・青果箱・緩衝材などに使用され廃棄された使用済みの発泡スチロールは、発泡スチロール溶融機により発泡スチロールを粉砕して、1


 評議会のポリスチレンリサイクルは、環境保護に対する住民の意識を高めるだけでなく、企業のイメージを構築し、より多くの企業がポリスチレンリサイクルに参加できるようにするのにも役立ちます。


代理店募集中 Lucyshen@intco.com 050 58060288