ブログ Blogs

ブログ

GREENMAXはこの段階の目標が発泡スチロール減容機で ニュージーランドのEPS包装廃棄物をリサイクルします

ページビュー:1429 / リリース時間:2019-12-14

EPS廃棄物の処理において、長期にわたる大きな課題に直面しています」と、ニュージーランドのJacinda Ardern首相は述べました。

発泡スチロール廃棄


ニュージーランドはすでにプラスチック廃棄物の禁止を発表しており、アーダーン首相は「ビニール袋の禁止が少しチェンジしました。EPSトレイ、カップ、持ち帰り用の食品容器が次の目標です」と発表しました。

ニュージーランド政府は、EPS廃棄物の処理方法を説明する中で、イノベーションを促進し、EPSのリサイクルソリューションを開発すると述べました。 この方針に勇気付けられて、ニュージーランドのEPS生産者はINTCOリサイクルを見つけました。 リサイクルの専門家として、発泡スチロール減容機で廃棄EPSを発泡スチロールインゴットに加工して、GREENMAXが提供するEPSリサイクルソリューションには独自の利点があります。

GREENMAXはEPS廃棄物の量に基づいてEPS製造業者に発泡スチロール減容機M-C100を推奨しました。 これは、減容が主な機能である専用のEPSリサイクル機です。 EPSの空気含有量は98%です。 このため、EPSは完璧な梱包材ですが、リサイクルの観点からすると、保管コストと輸送コストが高くなります。

GREENMAX発泡スチロール減容機

発泡スチロール減容機M-C100にはホットメルトスクリューが含まれています。 ポリスチレン廃棄物は、スクリュー回転によって加熱および溶融され、結果として生じるリサイクルEPSは、もはや膨張した軟質プラスチックではなく、固体レンガに似た発泡スチロールインゴットです。

発泡スチロールインゴット

発泡スチロールインゴットは、商品として販売できる再生可能な硬質プラスチックです。 GREENMAX EPSリサイクルソリューションの利点は、EPSインゴットを買い戻すことができることです。これにより、EPSメーカーは利益を転換し、リサイクル開発を促進できます。

EPS
包装廃棄物は、ニュージーランドだけでなく世界で汚染を引き起こします。これは、ますます多くの国が直面しなければならない問題です。 このため、この段階ではEPS包装廃棄物がGREENMAXの主要なリサイクル目標であり、より多くの国がEPSリサイクルの開発を促進することを期待しています。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478