ブログ Blogs

ブログ

大手ポリスチレン切断会社は、GREENMAX発泡スチロール減容機を使用してポリスチレン廃棄物を処理しています

ページビュー:994 / リリース時間:2019-11-23

発泡スチロール粉砕して、発泡スチロール製品を処理したいのですか。発泡スチロールの他には、XPSボードなどのリサイクル方法を見つけたいのですか。では、大手ポリスチレン切断会社はどうやって発泡スチロール減容機で社内で発生したの切れ端を処理するのかを見てみましょう。

ポリスチレンプロダクツPTY Ltdは、オーストラリアのブリスベン市にある発泡ポリスチレンおよびポリウレタンの大手切断会社(Convertorとも呼ばれます)の1つです。 対象となる産業には、住宅用、商業用、工業用のポリスチレン製品が含まれます。

発泡スチロールゴミ

ブラッドは弟のダミアンと一緒に会社を経営しています。 主に、ポリスチレンシート、断面パイプ断熱材(SPI)、建築成形品、コンクリート&海洋ボイドブロックアウト、プロトタイププロファイル、およびその他のポリスチレン関連製品を提供しています。 同社は、ポリスチレン業界で20年以上勤務しており、過去数年間にポリスチレンのリサイクルという困難に直面しています。

減 容 機 発泡スチロール


2012年、WennyがINTCOリサイクルに入社したばかりでした。ポリスチレン製品は彼女の最初の顧客でした。 Bradはポリスチレンリサイクルプロジェクトについて知ったとき、毎日CNCマシンからの廃棄物を待っている多くのポリスチレン廃棄物があるので非常に興奮していました。古い廃棄方法は地元のリサイクル業者を雇うことです。 しかし、これはまた、高価な配送の梱包、積み込み、支払いに労力を費やします。 さらに、ポリスチレン廃棄物は多くのスペースを占有し、それがワークショップに積み上げられると、通常の事業運営に影響を及ぼします。

発泡スチロール減容機



綿密な連絡の後、ブラッドは、GREENMAXマシンがポリスチレン素材の廃棄物処理要件に完全に準拠していることを発見したため、ワークショップにホットメルトシステムを設置することにしました。 CNCマシンからのすべてのポリスチレンスクラップは、直接ポリスチレンクラッシャーに供給され、サイロにポンプで汲み上げられ、最終的に発泡スチロール減容機に入り、溶融して発泡スチロールインゴットになります。 GREENMAXポリスチレン溶融機は、廃棄物処理の問題を解決するだけでなく、ポリスチレン廃棄物を収益性の高いビジネスに変えました。

発泡スチロール インゴット 価格

 過去7年間、私たちは良好なビジネス関係を維持しており、ポリスチレン製品のホットメルトフォームの塊のほとんどがINTCOリサイクルに販売されています。




代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405