ブログ Blogs

ブログ

発泡製品の禁止を回避するために発泡スチロールリサイクル率を上げる

ページビュー:995 / リリース時間:2019-11-30

報告によると、統合廃棄物管理局(IWMA)の理事会は、発泡スチロールの使用を禁止するために10月9日に投票し、禁止は来年4月に開始されます。 サンルイスオビスポ郡の企業は、持ち帰り用の食品容器や発泡カップなどの発泡製品の流通を禁止されます。発泡スチロールリサイクルしたい人数がずっと上がります。 IWMA規制によると、発泡スチロール製品にはプレート、カップ、卵のカートン、冷凍庫などが含まれます。日本の産廃中間処理見たいです。



発泡スチロール廃棄

発泡スチロールの禁止には支持者と反対者の両方がいますが、この禁止が企業に大きな影響をもたらしたことは間違いありません。 発泡スチロール製品の製造業者、小売業者、エンドユーザーだけでなく、より安価な代替品を見つけることができないリスクもあります。発泡スチロールリサイクルは差し迫っています レストランによると、「今日使用している持ち帰り用の容器は主に発泡スチロール製です。 材料が禁止されると、新しい代替品を見つける必要があります。 中小企業として、私たちの利益は高くありませんが、食品の価格を上げると、消費者にも影響します。」。 

発泡スチロール


発泡スチロールは実際にはリサイクル可能な材料です。 禁止を解除したい企業は、発泡スチロールの包装リサイクル率を上げ、発泡スチロール廃棄物の価値を政府に知らせる必要があります。 

発泡スチロール廃棄物のリサイクル率を改善するには? INTCOリサイクルは、GREENMAX発泡スチロールコンパクターおよびホットメルトとして、プロフェッショナルなフォームリサイクルマシンを提供します。 GREENMAXマシンにはさまざまな生産能力があり、圧縮比は50:1から90:1の範囲で、廃棄物の量に応じてROIを作成し、最終的に最適なマシンを選択できます。


発泡スチロール圧縮機


GREENMAXマシンは、メーカーが残り物を処分し、家電会社と物流会社の両方に効果的なリサイクル方法を提供するのに役立ちます。 世界中で多くの成功事例がありますので、ご相談や訪問を歓迎します。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405