導入事例 Cases

導入事例

発泡スチロール 処理 –米国の専門な発泡スチロールのリサイクル会社

ページビュー:1507 / リリース時間:2019-12-20

Gold Circuit E-Recyclingは、米国北東部のメリーランド州にある電子製品専門のリサイクル会社です。 同社の主な事業には、コンピューター、一般的な電子機器、および家電製品のリサイクルが含まれます。 事業範囲の拡大に伴い、ゴールドサーキットのリサイクル事業には、発泡スチロール素材などの包装廃棄物も含まれます。

電子製品専門のリサイクル会社


ゴールドサーキットに初めて会ったのは2014年です。最初は、電子製品のリサイクル中に発泡スチロールの梱包材も受け取ることを知りました。 発泡スチロールをリサイクルする会社はあまり多くないため、顧客はこの廃棄物を回収して、埋め立ての費用を自分で支払うように要求されました。 ゴールドサーキットは、発泡スチロールを圧縮した後に、販売できることを知った後、収集した発泡スチロール包装を処理するために最小の減容機A-C50を設置することにしました。


発泡スチロール廃棄

発泡スチロールリサイクルの規模を拡大するにつれて、発泡スチロールのリサイクルは埋め立て費用を節約できるだけでなく、大きな利益を生むことがわかりました。 さらに重要なことに、これはゴールドサーキットが他の競合他社との明確な競争力を形成するのに役立ちます。


発泡スチロール減容機

2017年初、ゴールドサーキットはより大きな倉庫に移動し、リサイクルの規模はますます多様化しています。 電子製品のみのリサイクルから発泡スチロールおよびポリエチレンフォームのリサイクルまで、ゴールドサーキットはますます多くの顧客の信頼を得ています。 廃棄物の発泡スチロールのリサイクル量が増加したため、ゴールドサーキットは、GREENMAX発泡スチロール減容機の他の機種M-C200の購入を決定しました。 このタイプの機械は、発泡スチロールとポリエチレンフォームの両方を処理できます。 現在、発泡スチロールのリサイクル事業は、地元のリサイクル業界で競争力のあるツールとなっています。

発泡スチロールの減容リサイクル


今まで、GREENMAX発泡スチロール減容機はゴールドサーキットの倉庫で2年間稼働しており、この期間中に顧客からの苦情は発生していません。 INTCOリサイクルは、ゴールドサーキットの機器サプライヤーであるだけでなく、発泡スチロールリサイクル事業の重要なパートナーでもあります。



代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478