導入事例 Cases

導入事例

アイルランドのフォームカッターは英科環保GREENMAXフォーム圧縮機を使ってフォームのリサイクル問題を解決しました

ページビュー:1032 / リリース時間:2020-02-01
Bracken Foam Fabricators Ltdは、アイルランドの20年以上のフォームカッターメーカーです。 アイルランドおよびヨーロッパ全域のさまざまな業界に向け、さまざまなフォーム包装ソリューションを提供します。EPEフォームをカッターする過程に、20~30%のEPE端材が発生します。これらの端材が100%リサイクルされる可能ですが、EPEミラマットなどのフォームについて、軽量で大容量のため、保管と輸送のスペースが必要で、そして運送費も高くかかります。 それで、多くのEPEフォームカッターメーカーに大きな回収問題をもたらしました。 Bracken Foam Fabricators Ltd(以下、Brackenと略す)も効果的な回収ソリューションを追求しています。
 Bracken Foam Fabricators Ltd
2018年4月、Brackenのフォーム仕入れ先、フレキシブル包装製造でグローバルのリーダーとして知られるSealed Airは、英科環保GREENMAX、EPEフォーム圧縮機を推奨し、そしてこの機械でEPEスクラップを50%に圧縮する効果を達することを伝えていました。
greenmax発泡スチロール圧縮機
2018年の年末に、環境に優しい発泡スチロール圧縮機Z-C100がアイルランドに到着し、BrackenはEPEフォームを圧縮することが始まりました。この機械はEPEミラマット処理のために特別に設計されており、成形部に表面ホットメルト技術を追加します。 機械の電源を入れた後、作業員はEPEフォーム廃棄物をホッパーに入れて粉砕し、粉砕物はスクリューに入り、圧縮されて、最後は成形部に入ります。特に注意するのは、 EPEフォームは靭性が強くて、粘り気もないし、直接成形後はバラバラになりやすいです。英科環保 GREENMAXのZシリーズEPEフォーム圧縮機は、EPEフォーム圧縮材料の表面を溶融する技術を備えているため、 EPEフォームの本物性を変えずに、EPEブロックの形状をよく保持して、成形および切断が容易で、保管や後処理が容易になります。
 発泡スチロール 圧縮
たった2日で、Bracken会社で発生したワンコンテナのEPE廃フォームは2パレットに圧縮され、Brackenが現場での5S管理を効果的に実行することを助けました。 EPEフォームを減容した後、Sealed Airさんは、Bracken会社のEPE圧縮材料を買い戻して、新しいPEフォームを製造します。それで、EPEフォーム端材をリサイクルして、廃棄物を宝に変えます。
 発泡スチロールの減容リサイクル
アメリカで本社を置く英科環保GREENMAXは、最新の欧米技術を持って、中国で製造されております。そのフォーム圧縮機価格が手頃で、高い生産能力を持って、コスパ高いと褒められています。英科環保GREENMAXはグローバル市場に向け、国内外の政府や環境団体の優先ブランドです。 過去12年間で、英科環保GREENMAXは中国市場へ進入し、環境に優しいフォームリサイクルソリューションを中国にもたらし、中国の環境保護事業のために力を尽くしてきます。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405