ブログ Blogs

ブログ

GREENMAX発泡スチロール減容機の循環理念は日本の循環経済新聞に掲載された

ページビュー:90 / リリース時間:2021-07-10

月曜日に「循環経済新聞」に「INTCO RECYCLING 発泡スチロール減容機を販売 PSインゴットの買取も強化」という見出しが出て、リサイクル業界で熱く議論されました。日本では、リサイクル業界に携わっている同僚や「循環経済新聞」を知らない人はいないでしょう。21世紀の循環経済社会の構築に向けた定期刊行物で、廃棄物の削減とリサイクル、そしてリサイクル業界の最新動向を含む、市場、技術、流通、基地施設からの徹底的な報道新聞です。では、「循環経済新聞」で掲載されているINTCO GREENMAXとは何ですか?


発泡スチロールリサイクル機器


GREENMAXは、アメリカで有名なリサイクル会社であるINTCORecyclingによって作成された発泡スチロールリサイクル機器のブランドです。発泡材の回収、再生、利用に取り組んでおり、世界70か国以上に1,000台以上を販売しています。もちろん、GREENMAXが全国に広がり、多くの信頼関係を築くことができたのは、機械そのものだけではありません。「循環経済新聞」のニュースの見出しからも覗くことができると思います。


発泡スチロール減容機


発泡スチロール減容機の販売と発泡スチロールインゴットの購入は、他のリサイクル会社にとっては2つの別々の事業かもしれませんが、GREENMAXにとっては、これらは組み合わせることができる2つの不可欠な部分です。 INTCO Recyclingは、機械の販売からインゴットの買い戻し、さらにペレット化してフレームを作るまで、フォームリサイクルのさまざまなプロセスを結び付けて完全なリサイクルループを形成しているため、お客様はターミナルのリサイクルについて心配する必要がありません。これはGREENMAXの場合もあります。他のマシンとの競争から際立つための鍵です。


                                             PE-foam-compactor-Z-C300                             




日本は常にすごくリサイクルを重視して、これはGREENMAXリサイクル機器のコンセプトと一致しています。「循環経済新聞」に掲載されることは良い機会で、GREENMAXに励ませていきます。 今まで1000台の販売実勢は非常にすばらしデータですが、これがGREENMAX減容機の終わりになることはなく、新しい出発点になります。 INTCOは発泡スチロールの回収、リサイクルおよび再利用に専念する会社であることに常に固執してきました。東京オリンピックが迫る重要な時期に、GREENMAXのクローズドループグリーンリサイクルがこの機会を利用して、日本での認めを高めてくれることを願っています。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478