ブログ Blogs

ブログ

日本のファストフード時代にEPS溶解機は廃棄物のリサイクルを支援する

ページビュー:106 / リリース時間:2021-07-16

日本の高度に発展した経済の背後には、仕事と生活のペースの速いペースがあります。日本へ旅行したことはある多くの人は、道路に歩行者が殺到しているのを感じ、誰もがとても忙しいようです。このペースの速い生活の中で、日本のファーストフードは非常に人気があります。


あらゆる種類のコンビニエンスフードや自己発熱ファーストフードが売れ筋商品になっていますが、その背後にある発泡スチロールごみは衝撃的です。 GREENMA発泡スチロール溶解機はある程度これらの発泡スチロールごみをリサイクルするのに役立ちます。


162581558790711_P6633100


現在見られる即席めんは、1958年に安藤百福が発明したものです。即席めんを発明した後、有名な日清食品会社を設立しました。カップヌードルのデザインは、安藤がアメリカ市場を視察したことから生まれました。プロモーション中、お皿や箸が手元にないので味わえませんでした。そこでスーパーの担当者が紙コップを持って即席めんを2つに入れ、フォークでお湯を入れて食べた後、カップ麺のパッケージが現れ始めました。

カップ麺やファーストフードの登場により、誰もが食べやすくなった後、白い発泡スチロールのゴミ汚染問題が多数発生しました。安定した性能と低価格で、PPプラスチックは多くのコンビニエンスフードの外箱になっています。これらの食品は売れ行きが良いものの、多くの発泡スチロールはリサイクルが難しいと感じており、さまざまな発泡スチロール処理機が市場にあらわれています。


インゴット減容機




GREENMAXは20年近く泡のリサイクルに携わってきました。インゴット減容機から圧縮材の回収、最終的な廃泡の造粒・再処理まで、世界中のお客様にプロのEPSリサイクルソリューションを提供しています。 GREENMAXの成熟したEPS回収ソリューションは、完全に回収の難しい問題を解決できます。


日本のごみの分別は早くから始まっており、人々はごみの分別に対する感覚が強く、その後の発泡スチロールリサイクルに非常に役立ちます。分類されたEPSは、粉砕して圧縮した後、元の体積の90分の1に減らすことができます。これはまた、軽量で大量であるために発泡スチロール廃棄物の保管が難しいという問題を解決することができます。


食品トレー減容機



近年、生活環境やごみ汚染の問題は常にグローバル化の問題となっています。人々の生活はこれからも続き、便利で速い商品が求められています。したがって、包装のEPSごみの処分については、封じ込めは最善の方法ではなく、積極的に問題を解決するには、GREENMAX食品トレー減容機が良い選択かもしれません。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478