ブログ Blogs

ブログ

オリンピックが間もなく開催され、発泡スチロール減容機により大量の包装発泡廃棄物を処理することができます

ページビュー:92 / リリース時間:2021-07-03
四年に一度のオリンピックは、常にスポーツファンが楽しみにしているスポーツイベントの1つであり、数え切れないほどのスポーツやキャリアの中で最も重要な大会の1つでもあります。しかし、東京オリンピックは新たなコロナのにより紆余曲折があり、数回の延期を経て、2021年7月23日に開催される予定です。このオリンピックについては、すべての人生の歩みが異なります。プロのフォームリサイクル業者として、GREENMAXは、オリンピックによってもたらされた大量のパッケージフォームが発泡スチロール減容機によってリサイクルできるかどうかを考えています。

環境汚染

4月末以来、日本はエピデミックの第4波に見舞われています。東京を含む非常事態は継続的に延期されています。先週末、菅義偉首相は、東京を含む10都道府県の非常事態宣言を6月20日に延長すると発表した。東京オリンピックの情報を探すのは今では人気がないようですが、朗報もあります。 6月1日、オーストラリアのソフトボールチームは早朝に東京の成田空港に到着し、オリンピックに参加するために日本に到着した最初の海外スポーツチームになりました。

発泡スチロール減容機

前回のオリンピックを参考にすると、これは巨大なカーニバルです。オリンピックが開催されるたびに、世界中から数え切れないほどの観客が地元に飛び、試合を観戦します。以下は、受入国の経済と国際的地位への影響です。もちろん、これらはプラスの効果ですが、すべてに長所と短所があります。オリンピックのようなイベントによって引き起こされる環境汚染も頭痛の種です。家庭ごみ汚染もその一つです。これらの廃棄物には大量の包装用フォームが含まれています。現時点では、発泡スチロール減容機は多くの企業にとって緊急に必要な機器になるでしょう。

泡のリサイクル

日本がコンビニエンスフードの大きな国であることは間違いありません。これらの製品の背後にある経済発展を促進することに加えて、それらは実際にリサイクルの問題を引き起こします。これらの軽い食品用フォームの包装箱をリサイクルする方法は?蓄積はスペースを占有し、輸送はより困難になります。このとき、リサイクル業者は、発泡スフェロラスや発泡スフェロラスなどの圧縮処理製品を選択し、その後の輸送、リサイクルなどの作業を行います。

GREENMAXは、泡のリサイクル業界に10年以上携わっており、泡のリサイクルについて深い理解を持っています。泡の廃棄物は置き忘れられた資源です。資源が不足している現在の環境では、より効率的に発泡スチロール再利用が、GREENMAXのようなリサイクル業者や機器メーカーの主要なタスクです。最後に、スポーツイベントと自然環境の要素および相互作用、相互影響、相互接続、相互制限のホストロケーションのシステムとの間には「共生」関係があります。イベントを楽しみながら、皆様の環境への配慮を心がけていただきたいと思います。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478