導入事例 Cases

導入事例

オーストラリアの電子リサイクル-有名なE-wasteリサイクル会社がMINDAに所属、ポリスチレンリサイクルプロジェクトにGREENMAXを採用

ページビュー:1524 / リリース時間:2020-01-13

ERAの略であるElectronic Recycling Australiaは、南オーストラリア最大の非政府障害者支援組織であるMINDAに属する電子廃棄物リサイクルに特化した会社です。1898年に設立されたMINDAは障害部門の最前線にあり、近年提供されているサービスは環境、リサイクル、健康の側面にまで拡大されています。

発泡スチロールリサイクル

Unplug n ’Dropは、2017年にElectronic Recycling Australiaによって開始されたイニシアチブです。目的は、充電器またはバッテリーによる電源を使用して、電源に接続するすべての電子機器を無料で簡単にリサイクルできるようにすることです。 関係する企業や組織は、リサイクルの取り組みを改善する上で重要な役割を果たしています。 また、すべての電子製品を最高水準にリサイクルするEPA認定の環境適合施設です。電子廃棄物を収集する際に、一部の顧客はポリスチレンの包装も持ちました。 家庭用電化製品の包装にはポリスチレンが一般的に使用されているため、顧客は新しい電子機器を購入する際にポリスチレン包装を積み重ねることがよくあります。 企業が古い家電製品を持ち帰りながらポリスチレンのパッケージを取り除けたらもっといいでしょう。

発泡スチロール減容機

2017年5月、Electronic Recycling Australiaを見つけたとき、会社のポリスチレン廃棄物は主に直接ゴミに捨てられました。 その結果、ごみ箱はすぐにいっぱいになり、廃棄物管理会社が頻繁に処理する必要があります。 ERAは、廃棄発泡スチロールの処分のために毎月高い費用を支払わなければなりません。

発泡スチロールインゴット

ERAの商業マネージャーであるAndrew Wallaceは、ポリスチレンのリサイクルプロジェクトについて聞いて非常に興奮していました。 彼らが廃棄物をお金に変える新しいモデルです。 プロジェクトのレビューと実装の2か月後、ERAは最終的にGREENMAX M-C200発泡スチロール減容機を購入しました。 それ以来、蓄積されたフォーム包装廃棄物はすべてリサイクルされています。 ERAは、自社の顧客からポリスチレン廃棄物を収集するだけでなく、より多くのポリスチレンリサイクルチャネルを拡大することも計画しています。

発泡スチロール圧縮


現在、GREENMAX発泡スチロール減容機は、Electronic Recycling Australia2年以上稼働しています。 毎年ERAにアクセスして、マシンが正常に機能していることを確認します。 GREENMAXは、顧客が発泡スチロールの問題を解決するのを支援するだけでなく、ERAが顧客との密接な関係を維持することも可能にします。




代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478