ブログ Blogs

ブログ

INTCO再生は東京オリンピック重大な関心を寄せている

ページビュー:177 / リリース時間:2021-07-30

東京オリンピックが開催されており、オリンピックスタジアムでのエキサイティングな試合により、この時期に日本は多くの国の注目を集めました。イベントの開始ですが、オリンピックメダルとオリンピック表彰台が正式に使用されています。今回開催国である日本がデザインした表彰台やメダルはすべて再生可能資源を使用しており、これも日本の持続可能な開発の概念を反映しており、発泡スチロールリサイクル事業をしているINTCO再生も非常に関心を持っています。

発泡スチロールリサイクル



過去2年間で、日本のオリンピック委員会は市民社会から中古の電子機器を収集し、使用された約80,000トンの廃電気機器から32キログラムの金、3,500キログラムの銀、2,200キログラムの青銅を抽出して5,000枚メダルの材料としています。日本のオリンピック委員会は最近、日本人のデザイナーの川西淳一がデザインしたオリンピックメダルが発行しました。

オリンピックの表彰台は、前回のオリンピックの象徴的なイメージの1つです。 3つの不均一なプラットフォームは、すべてのオリンピック選手の最高の追求にもなっています。このオリンピックとパラリンピックの表彰台のデザインは、オリンピックとパラリンピックの歴史の中で再生可能なプラスチックで作られた最初の表彰台です。ミニマリストで落ち着いた外観の下で、自然環境問題に対する東京オリンピックの態度と懸念もあります。


発泡スチロール減容機


表彰台やメダルのデザインに加え、日本の着物のレイヤー技術を使用し、化学的にリサイクルされたポリエステル繊維で作られます。また、日本の文化の魅力を解釈するためにモダンなスタイルのデザインと調和しています。また、メダルには日本の職人が手作りした「灰の木箱」が添えられており、日本の細部へのこだわりを示し、アスリートにメダルの尊さや意義を反映しています。

メダルのデザインから製造まで、日本の持続可能な開発哲学と技術的成果を反映しており、2020年の東京オリンピックは単なる国際的なスポーツイベントではありません。日本の持続可能な発展のために、INTCO再生は多くの人によく知られている。INTCO再生のGREENMAX発泡スチロール溶融機は、日本が再生可能資源に重点を置いているおかげで、長年にわたって日本で好調に売れています。


iuygsh


日本のごみの分類は良い国です。分類後、ごみは専門機関によって収集されますが、これには当然発泡スチロールの白いごみが含まれます。日本には発泡スチロール包装なしでは成り立たない産業が多く、このようなリサイクル会社にとって発泡スチロール減容機が最良の選択となっています。

毎日の廃棄物の分別から国際オリンピックイベントまで、日本の持続可能な開発理論と資源回収を重視することは学ぶ価値があります。INTCO再生は引き続いてこのオリンピックイベントに注目し、このオリンピックが私たちにさらにサプライズをあげることを楽しみにしています。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com