導入事例 Cases

導入事例

発泡スチロール減容機で苗の栽培箱を処理する

ページビュー:255 / リリース時間:2021-02-27
Growproという会社は、北カリフォルニア全体で商業造園サービスのための苗床植栽に従事する家族経営の会社です。 CalForest Nurseries、Mountain Crest Gardens、Siskiyou SeedCompanyとして知られる3つのブランド企業があります。 苗木を育てる大規模な農場がいくつかあるため、毎年ピークシーズンに発泡スチロールの苗トレイが大量に発生されます。 この問題により、彼らは発泡ポリスチレン処分の方法を見つけなければなりません。

Growpro

これらの発泡スチロールの苗トレイは非常に汚れていて密度が高く、取り扱いが簡単ではなく、場所が離れているため、収集する処理会社がほとんどありません。そのため、緩い発泡スチロールのトレイをポートランドのAglixに輸送するには数時間運転する必要があります。 毎週、非常にお金がかかっています。
お客様の事業規模の拡大に伴い、発泡スチロールの苗トレーが積み上げられ、処理コストが徐々に上昇しているため、Growproはより経済的で効果的な廃棄ソリューションを見つける必要があります。

発泡 ポリスチレン処分

偶然にも、GrowproはAglixでプロの発泡スチロール減容機を見て、発泡スチロールの高密度化装置に興味を持つようになりました。 しかし、お客様は、私たちの機械が高密度の発泡ポリスチレンの苗トレイを処分できるかどうかについてまだ心配していました。 以前にも同様のケースを行ったので、お客様と経験を共有して現場に持ち込み、お客様が持ってきた発泡スチロールのトレーで機械をテストしたところ、大成功でした!

発泡スチロール減容機

カナダのお客様向けの農業用フォームボックスの取り扱い経験があるため、お客様のニーズに合わせて機械を設計し、密な苗トレイの処理の難しさを解決し、お客様に訪問サービスを提供することもできます。 GREENMAXチームと何度も連絡を取り合った後、GrowproはついにGREENMAX M-C100発泡スチロール減容機を購入して発泡スチロールの苗トレイをリサイクルすることを決定しました。
発泡スチロールのインゴット

GREENMAXが提供するソリューションは、Growproに大きな利便性をもたらします。 現在、年間100,000ポンドの元の廃棄物は、特にピークシーズンに1〜2か月で処理できます。発泡スチロール減容機は、月に2〜3回使用するだけで、すべての発泡スチロールの廃棄物をすぐに処理できます。 環境汚染を減らすだけでなく、保管スペースを節約し、輸送コストを削減します。 溶けたフォームインゴットは地元の企業に販売して、手頃な価格で再利用できます。 GREENMAXは、お客様が廃棄物の蓄積の問題を解決するのに役立つだけでなく、追加の利益ももたらします。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478