ブログ Blogs

ブログ

GREENMAX発泡スチロール処理機が発泡スチロールリサイクルの安全性を確保

ページビュー:13 / リリース時間:2020-11-19


日本政府は、プラスチック戦略を策定し、2030年までに使い捨てプラスチック廃棄物を25%削減し、プラスチック容器とパッケージの再利用/リサイクルを60%削減するなどの目標を設定しました。同時に、発泡スチロール処理機の開発と切り離せないEPSリサイクルのデータも増えています。

発泡スチロールゴミ処分



発泡スチロール減容機の外観により、発泡スチロールのリサイクルが容易になります。廃発泡スチロールをホッパーに投入すると、カッターがカットを開始し、コールドプレスまたはホットメルトした後、スクリューで押し出します。機械は発泡スチロールの量を最大50%または90%減らすことができます。 GREENMAXはリサイクル業界の専門家として、リサイクル業界に1000を超える顧客を抱えており、そのセキュリティが際立っています。

発泡スチロール処理機Greenmax


GREENMAX発泡スチロール処理機のセキュリティは、主に次の側面に反映されています。



①機械の破砕ビンの窓は透明で、内部の様子を観察することができます。万が一異常が発生した場合にドアを開ける必要がある場合は、ビンドアを開けるとすぐに破砕機の電源が遮断されるGREENMAXの特別設計により、安全を確保します。 GREENMAXマシンを使用している場合、クラッシャーによる怪我は発生しません。


GREENMAX発泡スチロール減容機のホッパーは、通常、手が入らないように適切な高さに設定し、投入した発泡スチロールが飛び出して人を傷つけないようにし、事故を未然に防ぎます。


GREENMAX発泡スチロール処理機は、独自の温度制御システムを備えています。機械の温度が高すぎると、自動的にシャットダウンします。さらに、オペレーターは、個人の安全を確保するために、高温および熱傷保護装置のフルセットを備えています。

発泡スチロールインゴット



GREENMAXが今日の業界リーダーに成長した理由は、その卓越した発泡スチロールのリサイクル技術だけでなく、GREENMAX発泡スチロール減容機には、人々が発泡スチロールを安全にリサイクルできるようにすることを約束するヒューマニスティックケアの安全設計が含まれています。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478