導入事例 Cases

導入事例

マレーシアの有名なXPSメーカーは、GREENAX発泡スチロール減容機で発泡スチロール粉砕のリサイクルに焦点を当てる

ページビュー:1557 / リリース時間:2019-11-21

ハオ・ウェイ・インターナショナル様は、高い水準の押出ポリスチレン断熱材の提供に注力しているXPSメーカーです。 同社はマレーシアで最大のXPS生産工場を持ち、XPS市場で極めて重要な地位を占めています。


XPS素材は、断熱業界で常に重要な役割を果たしてきました。 EPSと比較して、XPSはより薄く、より優れた断熱性能を持ち、構造的にも見た目が美しいため、多くな消費者に歓迎されています。 ただし、発泡スチロールスクラップ粉砕品のようなリサイクル可能な材料として、XPSの実際のリサイクル率は高くありません。

 hao-wei-xps-sdn

XPS素材の販売量は多いにも関わらず、XPSボードの大量生産により多くの切れ端が生成され、工場に大量のXPSスクラップが蓄積されます。 XPSを再利用できる古いペレット機を持っていますが、 処理能力不足で、スクラップは速く堆積しています。 わずか1か月で、廃棄物のXPSスクラップがほぼすべての施設を占有しました。これは、生産に影響するだけでなく、火災やその他の安全上の問題を引き起こしやすくなります。 Hao Wei 様は、XPSフォームリサイクルの大きな困難に直面しています。

発泡スチロール廃棄

弊社はHao Wei Internationalを訪問したとき、発泡スチロール粉砕は時限爆弾のようなものであり、蓄積されたXPSを毎日心配していると言いました。 「ソリューションを探していましたが、GREENMAX減容機について知るまで、適切な廃棄方法を見つけませんでした。」と上司は言いました。

発泡スチロール減容機

GREENMAXで発泡スチロールリサイクルがスペースと安全性の問題の解決に役立つことを知った後、INTCO マレーシアの工場に行き、機械の機能について学び、最終的にGREENMAX M-C200発泡スチロール減容機を購入することにしました。


GREENMAX発泡スチロール減容機は、発泡スチロール粉砕品およびXPS素材の処理に特化しています。 圧縮比は901に達し、フォームの体積を大幅に削減し、ワークスペースを節約し、輸送の効率を改善できます。 同時に、溶けたXPSは安全であり、火災のリスクもなくなりました。


発泡スチロール 減 容 方法


マレーシアは廃プラスチックの主要な輸入国です。 2017年に中国でプラスチックの輸入が禁止された後、東南アジア諸国はプラスチック廃棄物管理のシェアを大幅に増やしました。 そのため、マレーシアのXPSリサイクル業界にはさらなる開発が必要です。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478