導入事例 Cases

導入事例

GREENMAX 発泡スチロール処理機で経済効率を高めた-ギリシャ北部のEPSフォームメーカー

ページビュー:1016 / リリース時間:2019-10-25

MARIOGLOU BROS SAは、ギリシャ北部のEPS製品の老舗メーカーおよび販売業者です。 同社は、ギリシャのさまざまな地域で広く供給されているEPSフォーム包装材料、建築断熱ボード、その他の製品を生産しています。

発泡スチロール廃棄リサイクル


2016年にはMARIOGLOU BROS SAの責任者がK Show 2016GREENMAX 発泡スチロール処理機のリサイクルシステムを見て、廃棄発泡フォームのリサイクルのトータルソリューションに非常に興味を持ちました。 その後、同社は発泡スチロールリサイクルに関する詳細情報とプロジェクトにいて、GREENMAXと詳しく連絡始めました。

発泡スチロール処理機191025

2019年、MARIOGLOU BROS SAの取引量の急増に伴い、グラファイトEPSフォームスクラップの生産も増えてきました。 しかし、生産されたこれらのグラファイトEPSスクラップは色が黒なので、地元のリサイクル業者に受け入れられませんでした。 したがって、ますます多くの黒色黒鉛EPS材料を別に使用することはできず、すべて倉庫に積み上げられ、多くのスペースを占有していました。

発泡スチロールインゴット191025

グラファイトEPS廃棄物の蓄積の問題を解決するために、Marioglou Bros SAは再びGREENMAXと連絡しました。 その後、同社は、GREENMAX 発泡スチロール処理機がグラファイトEPSスクラップを圧縮して、効率的な方法でリサイクルできることを知りました。 MARIOGLOU BROS SAは、グラファイトEPS廃棄物のリサイクルを解決するために、グリーンマックスからM-C100 EPS減容機を納入しました。


現在、このGREENMAX M-C100 EPS発泡減容機は3か月以上順調に稼働しており、MARIOGLOU BROS SAがグラファイトEPSスクラップによっての空間占用問題を解決しました。 同時に、GREENMAXはこの廃棄物で加工されたインゴットを買い戻して、また関連会社INTCOで額縁などのエコ製品に生まれ変わります。GREENMAXのリサイクル機器は廃棄物の蓄積の問題を解決するだけでなく、原材料の消費も節約できます。グラファイトEPSフォームリサイクルプロジェクトによって、生産コストを節約し、会社にも全体的な経済効率を向上させました。


GREENMAXは、より多くの企業がEPSフォーム廃棄物をリサイクルし、資源の無駄遣いを無くす地球環境に優しいリサイクル事業として国際地域社会の発展に貢献します。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405