ブログ Blogs

ブログ

solfranceは、GREENMAX 発泡スチロール処分機で廃棄EPSの再生を実現しました

ページビュー:1305 / リリース時間:2020-03-13
Isolfranceは2007年に設立されたEPS製造会社で、外部断熱ボードを専門としています。その利点により、フランス市場でますます人気のある壁断熱ソリューションを提供し、効果的な断熱に加えて、合理的な発泡スチロール 再利用と環境への配慮も約束します。
Isolfrance
他の多くのEPS製造業者と同様に、Isolfranceの断熱ボードの生産は、多くのEPSスクラップとEPSダストスクラップを発生します。これらの廃棄物は蓄積され、倉庫の多くのスペースを占有します。さらに重要なことは、秋と冬の乾季には、これらのフォーム廃棄物が火災を引き起こす可能性が非常に高くなります。それらが固定リサイクルポイントに輸送される場合、輸送コストは大量のために高すぎます。これらの状況を考慮して、Isolfranceは発泡スチロール 再利用ソリューションを見つけることにしました。
EPS製造業者
EPSメーカーの多くのリサイクル方法を利用して、IsolfranceはEPS廃棄物を処理できる発泡スチロール処理机には2種類あることを知りました。 1つ目はEPS圧縮機で、50:1の体積圧縮率で物理的に圧縮されます。もう1つは、体積圧縮比が90:1のEPS減容機で、ホットメルト後にスクリューから押し出されます。多くの市場調査の後、Isolfranceは最終的にEPSリサイクルの専門家であるGREENMAXを選択しました。
発泡スチロール減容機200313
2013年、Isolfranceは、EPSスクラップとEPSダストを圧縮する最初のGREENMAX 発泡PS減容機を購入しました。その後、2015年にIsolfranceは生産を拡大し、2番目の発泡スチロール処理机を購入しました。急速な開発と拡大に基づいて、3番目の機器は2019年に購入されました。これは、グラファイトEPSとホワイトEPSのリサイクルを分離するために使用されるEPSホットメルト機です。 EPSの生産とリサイクルのクローズドループを形成するために、彼らはINTCO Recyclingに圧縮フォームブロックとインゴットを販売し、フレーミング製品を作るための原料を提供し、廃棄発泡スチロール 再利用を実現します。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478