ブログ Blogs

ブログ

ワシントンは環境を保護するために発泡のリサイクルを発泡スチロール圧縮機で実現しました

ページビュー:236 / リリース時間:2020-02-21

ワシントンは、環境問題を解決するために、主な目標として発泡スチロールを使用している米国で数少ない都市の1つです。ワシントン市は以前、2016年に発泡スチロールの過剰使用を禁止し、後に2017年までにすべてのフードサービス製品をリサイクルまたは堆肥化することを要求し、2018年に使い捨てストローの使用を禁止しました。都市におけるごみ問題の増大に対処するため、発泡スチロール製品の禁止を拡大することを望んでいる新しい法案になります。例えば、発泡スチロール食品トレー、発泡スチロールカップ、発泡スチロール製の家電包装などを禁止されるようになります。

 発泡スチロール廃棄200221
ワシントン州は、一般廃棄物の発泡スチロールの問題に対処するために、禁止に加えて、多面的な政策アプローチを採用しています。都市リサイクルシステムでは、市政府は、住民の生活の中で発生しなければならない特定の発泡スチロール廃棄物を、道路脇の青いリサイクルビンに放り込んで、統一された収集と処理を許可しています。
 発泡スチロール圧縮機AC200
自治体は、回収した発泡スチロール廃棄物を専門のリサイクル業者に収集します。リサイクル業者は、発泡スチロール圧縮機のA-C200を使用して、発泡スチロールの空気含有量を絞り出します。Aシリーズは節電、環保の方面でメリットがあります。濡れた発泡スチロールも直接処理でき、作業効率を大幅にUPしました。電熱式溶融と違います、カッターとねじの2つのプロセスの後、発泡スチロールの廃棄物はブロックに圧縮され、保管と輸送の効率が大幅に向上します。発泡スチロール廃棄物については、多面的なアプローチにより、ワシントンの都市廃棄物処理システムが改善されました。

 発泡スチロールインゴット200221

ブロックに圧縮された発泡スチロール廃棄物は、リサイクル発泡スチロールブロックと呼ばれます。これは、額縁、幅木、ハンガー、木材のような建材材料などの原料として使用できるリサイクルプラスチックです。INTCOグリーンマックスは20年以上の再生工場として、発泡スチロールインゴット&発泡スチロールブロック&発泡スチロールペレツとも20年以上続いて買取しています。再生PSフレームについて世界で規模第一の生産基地は中国の山東省にあります。発泡スチロールの圧縮 再生 再使用について専門家と言えます。多くの発泡スチロール関係な業者さんと一緒に発泡スチロールのリサイクルについて努力したいのを期待しています。


代理店募集中 Lucyshen@intco.com 050 58060288