ブログ Blogs

ブログ

発泡スチロール減容機は、ポリスチレンと環境のテンションを緩和することができる

ページビュー:32 / リリース時間:2020-10-12

発泡スチロール減容機は、ポリスチレンと環境のテンションを緩和することができる



現在の生産、消費、廃棄物管理を変更することなく、2040年までに、毎年3,000万トン近くのプラスチックが最終的に海に流入します。削減と代替に焦点を当てた戦略は52%削減されますが、代替の複雑さが不足しているため、最大8500億米ドルのコストが発生します。リサイクル戦略により、年間の漏出が大幅に削減され、わずか5,100億米ドルになります。

廃棄物汚染-201012



データによると、リサイクルは元のポリスチレンを減らす最も効果的な方法の1つでが、最初に収集する必要があります。今日、20億人がごみ収集システムを利用できません。米国に関する限り、カリフォルニアなどの都市ごみ管理システムにポリスチレン廃棄物が含まれているのは、米国の4つの州だけです。カリフォルニアの住民は、ポリスチレン廃棄物を道端のごみ箱に捨てるだけで、ポリスチレンの毎日の収集を完了することができます。

発泡スチロール減容機-201012



発泡スチロール減容機の主な機能は、ポリスチレンの体積を圧縮することです。ポリスチレンが都市ごみ管理システムに含まれることがめったにないのはなぜですか。ポリスチレンには空気の98%が含まれているからです。軽量で大量の未処理のポリスチレン廃棄物はリサイクル効率を大幅に低下させる可能性があるため、圧縮には発泡スチロール減容機を使用することが重要です。


発泡スチロール減容機コールドプレス技術を採用しています。ポリスチレン廃棄物は、内蔵カッターで破砕した後、コールドプレススクリューで油圧で押し出します。最終的な出力は、体積が50分の1のポリスチレンブロックであり、保管と輸送が容易で、リサイクル効率が向上します。

発泡スチロールリサイクル201006



ポリスチレンの現在の問題は、環境との関係が非常に緊張していることです。住民と自治体の両方が、汚染された環境を保護するためにポリスチレンの使用をやめるかどうかを選択しています。ポリスチレンのリサイクルは、両者の対立を緩和する唯一の方法です。リサイクルプロジェクトの一つとして、発泡スチロール減容機も行っています。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478