導入事例 Cases

導入事例

GREENMAXは日本の松下電器産業に発泡スチロール溶かし方を提供しました

ページビュー:973 / リリース時間:2020-06-19
NARIYAMA SHOTEN Co.、Ltdは中間処理会社として、主に廃金属、古紙、EPSやEPP、PEフォームの廃プラスチック、その他の産業廃棄物を扱っています。お客様のごみを自社工場に運び、分別・処理を経て、リサイクル価値のある原材料を選別し、最終的にお客様に販売します。

NARIYAMA-SHOTEN-200619
NARIYAMA SHOTEN は、長い歴史を持つ廃棄物中間処理会社として、パナソニック電工から委託されて廃プラスチック・廃紙の取り扱います。輸送の途中、EPPおよびPEフォームを梱包材として防護するが必要です。 
問題は、使用済みのEPPとPEの発泡体がプラントで大きな保管場所を占めており、場所は散らかっています。パナソニックエレクトリックは困ってNARIYAMA SHOTENに発泡スチロール溶かし方を求めました。
発泡スチロール廃棄
INTCO Recyclingが発泡プラスチックのリサイクルに取り組んで、それを再生製品にしているため、INTCO RecyclingとNARIYAMA SHOTENの最初のコラボレーションはEPSブロックの供給と調達です。
 NARIYAMA SHOTENは、INTCO Recyclingが様々なタイプのGREENMAX発泡スチロール減容機も製造および販売していることを知っています。 INTCOリサイクルへの許可と信頼に基づいて、彼らはすぐに機械製造の拠点に行って発泡PP減容機の現場稼働を見に行くことを決めました。
GREENMAX 発泡スチロール減容機
現場では、GREENMAX 発泡スチロール減容機の製造工程を見学しました。 NARIYAMA SHOTENのマシンのテスト要求に従って、GREENMAXは十分なEPPおよびPEフォーム材料を準備し、NARIYAMA SHOTENは2種類のEPPコンパクターをテストした後、非常に満足しています。 
発泡スチロールリサイクル買取
帰国後、NARIYAMA SHOTENは発泡スチロール溶かし方について十分に検討し、彼らの労働力とリサイクルの必要があるフォームの量に応じてINTCO Recycling GREENMAXから2セットのM-C50発泡スチロール減容機を購入することを決めました。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478