導入事例 Cases

導入事例

Blumar 海鮮食品という有名な海鮮食品会社はグリーンマックス発泡スチロール減容機で魚箱をリサイクルしています

ページビュー:227 / リリース時間:2020-12-12

Blumar 海鮮食品は、漁業と水産養殖を専門とするグローバル企業です。 1946年に設立されたBlumarは、チリで最大の海鮮養殖および流通業者の1つです。 Blumar海鮮食品INTCORecyclingの協力は、発泡スチロールの圧縮リサイクル事業のために2019年に始まりました。

blumar-seafoods

Blumarsの養殖事業は高品質のサーモンを生産しています。その主な市場は米国であり、これらのシーフード製品は米国の子会社であるBluglacierによって全国に流通しています。その他の重要な市場は、ブラジルとその他のラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジアです。


INTCO Recyclingとの最初の協力は、主にポリスチレン製の魚箱リサイクルソリューションを見つけることでした。 20193月、INTCOは米国支社のBlugclaierと初めて連絡を取りました。当時、再梱包の過程で元のポリスチレンボックスを新しいパッケージに交換することを決定していたため、ポリスチレン廃棄物が大量に発生し、現場の5Sに影響を与え、多くの保管スペースを占有していました。これは、本業の効率的な運営に深刻な影響を及ぼし、コストを増加させ、収益を減少させます。したがって、これらの発泡スチロールの箱を受け取るには、埋め立て地を埋めるか、地元のリサイクル業者を探す必要があります。ポリスチレンの埋め立ては高いコストを必要とし、リサイクル業者はそれを一定な時間内に回収できないことがよくあります。これらの事実により、発泡スチロールのリサイクルはBlugclaier工場にとって緊急の問題となっています。

シーフードフードパッケージボックス


以上のことから、同社は新たな発泡スチロールのリサイクル方法を模索し、市場で調査を行うことを決定した。 INTCOBlugclaier2019シーフードエキスポに招待し、その場で私たちの機器を見てみましょう。展示会でこのプロジェクトを提案し、お客様は当社のソリューションに非常に満足し、含水フォーム魚箱のリサイクル用のために、特別に設計された最初のGREENMAX発泡スチロール減容機A-C200に署名しました。

発泡スチロール減容機


チリ工場の移転と事業の急増により、ポリスチレン製の魚箱を大量に処分する必要があったため、2019年後半にGREENMAX機器を米国支店からチリ工場に移転することを決定しました。 INTCO Recyclingへの信頼に基づき、20208月、米国支社はINTCOを再び発見し、2台目のGREENMAXコンパクターを購入しました。現在、最初のポリスチレンコンパクターは1年半使用されており、正常に機能しており、2番目の機器はまもなく使用される予定です。

INTCO Recyclingは、プロ仕様のGREENMAXポリスチレンフォームコンパクターを提供するだけでなく、圧縮フォームブロックを購入して、絶妙な額縁製品を製造しています。 Blugmarにとって、INTCOが提供するこのようなトータルソリューションは彼らにとって非常に有益です。一方で、彼らは業務効率を改善し、企業の良い公共イメージを確立しました。一方、INTCOは、ポリスチレン廃棄物を圧縮、造粒、再生によって宝物に変える優れた発泡スチロールリサイクルプログラムを提供しています。

発泡スチロール買取


202012月の時点で、INTCOBlumarから360MT以上の発泡スチロール圧縮品のブロックを購入しました。米国支社で2台目のGREENMAXA発泡スチロール減容機を使用することで、今後さらに協力が拡大すると考えられます。



代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478