導入事例 Cases

導入事例

世界有名な電子メーカーのQuanta Computer株式会社から出来たPEフォームのリサイクル問題を解決するためにGREENMAX発泡PE減容機を購入した

ページビュー:45 / リリース時間:2020-11-13

Quanta Computerは、電子製品供給の分野で高い評価を得ている世界最大のノートブックコンピューターの研究開発、設計、製造企業です。 QuantaGREENMAXの協力は2020年に始まり、電子製品のパッケージング由来のPEフォームのリサイクル問題を解決ために、取り組んでいます。

Quanta Computer株式会社



Quantaは、世界のトップ500企業の1つとして、ノートブックコンピュータの分野で高い成長、高品質、高い評価を維持しているだけでなく、エンタープライズネットワークシステム、ホームエンターテインメント製品、モバイル通信製品、自動車の市場にも事業を拡大しています。エレクトロニクスやデジタルホーム製品なども生産しています。近年、Quantaは運用効率の向上と環境保護の使命に取り組んでいます。


Quantaは、米国テネシー州とカリフォルニア州に2つのデータラック製造拠点を持っています。製造プロセス中に大量のPEフォーム包装廃棄物が生成され、1日あたり2台のトラックで約4000ポンド、1か月あたり約560,000ポンドの廃棄物が発生する可能性があります。以前、クアンタはPE梱包材を地元のリサイクル業者に渡して引き渡していましたが、管理が不十分だったため、地元のリサイクル業者だけが倒産しました。そのため、PEフォームのリサイクルはQuantaにとって大きな問題になり、同社はこれらのフォーム廃棄物をゴミ箱に捨てなければならず、毎月7000ドル近くの廃棄物処理料金を支払っていました。

発泡PE

Quantaは、独自の高い運用コストとPEフォームのリサイクルの問題を解決するために、専門的なPEフォームのリサイクル装置を探し始めました。 GREENMAXが米国の廃泡リサイクル市場で所有しているという一定の評判により、QuantaはすぐにインターネットでGREENMAXのホームページを見つけ、GREENMAXの発泡PE減容機に興味を持ちました。

発泡PE減容機


GREENMAXチームとの数か月のコミュニケーションの後、テネシー州のQuantaの工場は、発生したPEフォームパッケージ廃棄物を処分するためにGREENMAX 発泡PE減容機の機種M-C200を購入しました。この機械はミラマット減容機としてミラーマットの梱包材も処理できます。このカスタマイズされた機器は、最大901の圧縮比でPEフォームをPEインゴットを生産しました。機器の外観、品質、操作はお客様の要求に満足しています。

ミラマット減容機




半年の操業後、250,000ポンドを超えるPEフォーム廃棄物がリサイクルされました。これにより、Quantaは埋め立ての処理料金を42,000ドル以上節約し、プラントの操業効率を大幅に向上させました。このPEフォームリサイクルプロジェクトは、米国のクォンタムのすべての上級リーダーに認められました。

GREENMAX 発泡PE減容機



202010月、カリフォルニアのQuanta工場は、GREENMAX 発泡PE減容機を2台目の注文が来ましたGREENMAXチームとQuantaチームは、引き続きPEフォームリサイクルプロジェクトをQuantaのグローバル工場に推進するために協力しています。




代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478