導入事例 Cases

導入事例

SphereRenewablesは北米の再生可能エネルギー主要コンポーネントサプライヤーで、GREENMAXと協力して発泡スチロール圧縮する

ページビュー:82 / リリース時間:2020-10-31
北米の再生可能エネルギー業界で最大の主要コンポーネントメーカー、サプライヤー、ソリューションプロバイダーの1つであるSphere Renewablesは、最近GREENMAXと協力して、発泡スチロール圧縮事業の促進を支援しています。

spherewarehouse201031

Sphere Renewablesは、米国、ヨーロッパ、アジアに製造センターを持っています。同社は世界中の顧客にOEM製造と新製品開発サービスを提供することができます。対象となる主な産業には、風力エネルギー、太陽エネルギー、建設、ロジスティクスが含まれます。


デンバーにあるスフィアの製造拠点の製造工程では、発泡スチロールのスクラップや使用済みの発泡包装材が毎日大量に生産されています。大まかな見積もりの後、月に10,000ポンド以上の発泡スチロール廃棄物が発生しています。発泡スチロールの廃棄物は、サイズが大きく軽量であるため、Sphereの倉庫内の大量の保管スペースを占有し、通常の工場運営に深刻な影響を及ぼします。
wastefoamscraps201031

もう1つの事実は、発泡スチロールの廃棄物を受け入れる地元のリサイクル業者はほとんどなく、ゴミ箱に捨てなければならないということです。 Sphereの発泡スチロールの廃棄物量では、毎週数個の40フィートのゴミ箱を埋めることができます。つまり、毎月3,000ドルを超える廃棄物処理料金が支払われます。保管スペースの占有と高い処理料金の問題により、会社の運用コストが高くなります。

近年、スフィアは環境保護と周辺のコミュニティ環境の改善に取り組んでいます。同時に、独自の高い運用コストと発泡スチロールの廃棄問題を解決するために、Sphereはプロの発泡スチロール圧縮機器を探しており、市場調査の結果、GREENMAXとの協力関係を確立することを最終的に決定しました。GREENMAXは、発泡スチロール圧縮にトータルソリューションを提供する世界有数の発泡スチロール圧縮会社です。同社はプロのGREENMAX発泡スチロール高密度化剤を提供しており、これは何百ものアメリカ企業が発泡スチロール圧縮問題を解決するのに役立っています。
greenmaxfoamdensifier201031

GREENMAXチームとの3か月以上のコミュニケーションの後、SphereはついにM-C100発泡スチロール減容機を選択して独自の発泡スチロール廃棄物を処理しました。半年以上の運用の後、50,000ポンド以上の発泡スチロール廃棄物がリサイクルされ、90,000ポンドの二酸化炭素が削減され、1,000本以上の木が節約されました。同時に、このプロジェクトは、Sphereが埋め立て料金を20,000ドル以上節約し、プラント運用の効率を20%向上させるのに役立ちました。

meltedfoamblocks201031

政策の推進の下で、環境保護と省エネは企業発展のトレンドになっています。実際、発泡スチロールは再生可能な資源であり、リサイクルされた発泡スチロールは再生に使用できます。より多くの企業が環境保護を強化し、発泡スチロール圧縮を実現できることを願っています。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478