導入事例 Cases

導入事例

アメリカのEPS製造メーカーは、発泡スチロール処理機でEPSリサイクルを成功させる

ページビュー:62 / リリース時間:2021-08-07

R & B Sales 的 EPS 制造工厂位于科罗拉多州斯普林斯东南走廊。 它提供专业的定制包装设计和制造。 该业务包括全国步枪协会、军队、警察、消防、医疗、制造、航天、技术、玻璃、汽车、分销和零售。

RICK夫婦の管理の下で、R&B工場はますます多くの注文を受け、同時にますます多くの廃棄物が発生し、元の生産スペースは混雑していました。残り物は工場の操業効率に影響を与えただけでなく、発泡スチロールの蓄積も工場の火災リスクを高めました。


GREENMAX


統計によると、R&Bは、毎週少なくとも廃泡スクラップの8ヤードダンプスターを10個生産していて、EPS / EPE / PUなどを含みます。これらのEPSスクラップは再利用できないため、最終的に埋め立て地に送られます。


RICKは非常に環境に配慮しています。約10年前、彼の工場では発泡スチロールリサイクル機器を使用してカットされたスクラップを処理し、地元のリサイクル会社に販売していました。


しかし、破砕されたEPSは効果的にスペースを節約することができず、地元のリサイクル会社は安定的に破砕されたEPSを購入することができず、そのほとんどはまだゴミ箱に捨てられています。このリサイクルスキームが実行可能ではないことを知った後、リックはこのコンパクターを販売し、より良い解決策を探していました。


インゴット減容機


幸いなことに、2020年8にGREENMAXは友人を通じてRICKに連絡を取り、R&B工場でのEPS残り物の蓄積問題について学びました。
そのため、GREENMAXはすぐにリソースを統合しました。 GREENMAXのエンジニアと専門家の提案に基づいて、またR&BのEPS廃棄物の種類と量に応じて、GREENMAXはサポートソリューションを提案しました。 GREENMAXは、GREENMAX M-C100E発泡スチロール溶融機を利用してEPSおよびEPEスクラップを90:1に溶融圧縮で処理しました。

RICKはこのソリューションに非常に満足しており、その機器を「ニーナ」と名付けました。これにより、工場のスペースを大幅に節約し、日常の運用効率を10%向上させることができました。


発泡スチロール溶融機


スペース利用率の向上に加えて、GREENMAXインゴット減容機で溶融した後の材料の密度が非常に高くなっています。これらのインゴットについては、それが地元のバイヤーであろうと外国のバイヤーであろうと、良い価格を与えることができます。
これらのインゴットの中で、INTCO Recyclingは一番大きな購入者です。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com