導入事例 Cases

導入事例

あるスペインのEPSメーカーさんがGREENMAXA-C50でリサイクルする

ページビュー:126 / リリース時間:2021-07-23

Forcepol Slは、スペインのバレンシア地方にあるEPSメーカーであり、EPS包装材料と建築装飾製品を製造しています。同社は、EPSモールディング、EPSカラム、その他のEPS製品など、高品質のEPS建材および装飾製品を供給しています。 EPSは非常に経済的で効率的な建物の断熱材です。発泡スチロールリサイクルと処理の需要は、発泡体の製造、切断、リサイクルの分野でも高くなっています。製造工程でのEPSスクラップは長年問題になっています。


GREENMAX発泡スチロール圧縮機



近年の取引量の増加に伴い、発泡スチロールの量が増加しており、発泡スチロールの残り物や不良品が増えています。多くのEPSカット品が作成されていますが、製品の品質を確保するために、ほとんどのスクラップは再利用できず、常にゴミのように扱われます。時間が経つとともに、生産能力の拡大に伴い、ますます多くの発泡スチロールの廃棄物が蓄積します。


Forcepol Slは約2年前にドイツブランドの小型EPS機器を購入しましたが、生産能力は18kg/hと比較的に低く、その後Forcepol Slの生産規模が拡大し、廃棄物量も増加しました。既存の小型EPS機械の密度が非常に低いため、時間内にますます多くの廃棄物を処理できないため、容量が十分ではないため、Forcepol Slは、高品質で圧縮密度の別の発泡スチロール処理機を購入することにしました。


発泡スチロール圧縮機


ドイツのブランドのEPS機械のアフターサービスはタイムリーではなかったため、今回ForcepolSlは新しい機器サプライヤーを探していました。 2020年の年末に、GREENMAXは近くにエージェントを持っていて設置サービスを提供できると言われました。アフターマーケットエージェントが元々EPSリサイクル業者で、そしてGREENMAXの10年前の顧客として、GREENMAXを認めて勧めます。


GREENMAXはEPSリサイクル機器のメーカーだけでなく、発泡スチロールブロックを買い戻して新しい製品を製造し、EPSリサイクル業者であることを紹介しました。そこで、Forcepol Slはエージェントに確認した後、最終的にGREENMAX EPS CompactorA-C50を購入することを決めました。


発泡スチロール処理機


アフターマーケットエージェントの設置および試運転の出張サービスに加えて、弊社のエンジニアはForcepol Slにインラインビデオ技術ガイダンスを提供し、ForcepolSlが完全に発泡スチロール圧縮機の2つの動作モードの使用方法を学習できるようにします。以前の小型EPS機器よりも効率的です。現在、ForcepolSlは主にGREENMAXEPS Compactor
を使用しており、もう一つは長時間の代替です。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com