ブログ Blogs

ブログ

発泡スチロールはどうやって捨てるの?

ページビュー:746 / リリース時間:2020-06-16

発泡スチロール減容機のさまざまなサプライヤと、市場で不均一な価格を提供するフォームバイヤーがある。ここで企業に与えられる最も費用効果の高い提案の1つは、装置を提供するだけでなく、新製品を製造するためのリサイクルフォームを買い戻すクローズドループを持つフォームリサイクルスペシャリストを見つけることである。

発泡スチロール廃棄
個人的の発泡スチロールを捨てるから回収
一般的に、個人的の廃棄物発泡スチロールの量が少ないし、たまに出てくるだけで、回収するのは簡単である。
まず、必ず発泡スチロール廃棄物が勝手にすてるのは禁止する、それはとても大事な事である。家の中に置くのは大丈夫です。発泡スチロールはカリフォルニア地元の回収センターに受け入れるかどうかは確認しなければならない。受け入れない場合、一番近くの発泡スチロール回収センターに連絡して、毎月一回回収する事になる。

発泡スチロール圧縮減容回収を企画する企業
発泡スチロール回収するつもりの企業が、通常は発泡スチロール生産メーカーと回収商社などの企業である、こういう企業は、もっと厳しく、全面的な回収する事をかんがえなければならない。

発泡スチロールを捨てる

多くの場合、ROIの計算は、企業が発泡スチロールをリサイクルすると同時に利益を上げる方法を知るための最初のステップである。考慮すべき要素には、保管スペースの節約や埋め立てコスト、倉庫の運営などが含まれる。現時点では、企業はリサイクルの専門家を探して、もっと多めな提案を求めて、繰り返して、比べるのは必要である。発泡スチロールリサイクルプログラムを開始できるのは、十分な準備をしなければならない。

適切な発泡スチロール減容機がなければならない、回収を順調で進むのは確保するため、どうやって合うかどうかっと判断するのか?

市場販売してるのは二種類があり、熱熔機冷压機である。この二種類の機械が普通の発泡スチロールには合い、だが、特殊な発泡スチロールは特殊な設備を使用しなければならない
1、   家具と家電を包装するの普通タイプの発泡スチロールが冷圧機を使用したら、よいである。
2、   魚箱には冷圧機を使用して、水分状態をよく保つことになる
3、   薄片タイプと粉塵タイプの発泡スチロール廃棄物には、熱熔機の方が良い。冷圧機を使うと変形させるのは難しくなる。
発泡スチロールブロック
企業にとって、唯一的な投資というのは、発泡スチロールリサイクル設備だが、こういう投資すると利益は2パセント以上になる。保管するスペースの節約、埋め立てコストの削減、および倉庫の操作の容易さをすべて実現できる。
もっと驚きさせるのは、最大の利益をするのは、人々に廃棄された発泡スチロール自身である。圧縮後、バイヤーに高価格で販売できる。リサイクルフォームがトラックに満載されたら、リサイクルフォーム購入者に連絡して発泡スチロールを取得してください。

発泡スチロール減容機のさまざまなサプライヤと、市場で不均一な価格を提供するフォームバイヤーがある。ここで企業に与えられる最も費用効果の高い提案の一つは、装置を提供するだけでなく、新製品を製造するための発泡スチロールインゴットを買い戻すクローズドループを持つフォームリサイクルスペシャリストを見つけることである。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478