ブログ Blogs

ブログ

GREENMAX発泡スチロール減容機は近年急速に改善されています

ページビュー:770 / リリース時間:2020-06-12

近年、廃発泡プラスチックのリサイクルが一般的なビジネスとなっています。 EPSやEPEのような発泡材は、包装業界で広く使用されています。これらの材料は非常に優れた性能を備えているため、現在、他の材料で置き換えることはできません。 発泡材は通常サイズが大きく、輸送が困難であるため、発泡スチロール回収再利用の機械の急速な発展を促しています。

発泡スチロールゴミ処分


 発泡スチロール回収再利用のために、GREENMAX発泡スチロール減容機は効率的であり、近年急速に改善されています。 MARSシリーズの装置は、フォームホットメルトマシンとも呼ばれ、90:1の圧縮比でホットメルトの原理で動作します。 発泡スチロール減容機を使用する主な目的は、フォームの体積の削減、保管スペースの節約、完成品の運搬の容易さを実現することです。 必要に応じてカスタマイズも承ります。 GREENMAXはお客様に最高のサービスを提供することをお約束します。

発泡スチロール圧縮減容

デュアルシャフト破砕ナイフは、発泡スチロール減容機で使用されます。これにより、廃棄フォーム材料を効果的に細かく砕いてスクリューに入れることができます。 スクリューは高速で回転し、壊れた材料を円柱まで運びます。 正方形のダイが形成されると、材料が冷え始め、正方形のリサイクル対象物がダイから押し出されます。 必要な長さに応じて、切断機が自動的に切断され、製造プロセスが完了します。

発泡スチロール減容機mc-pro

 しかし、発泡スチロール減容機の作業プロセスには少なくとも2人のオペレーターが必要であるため、通常のフォームホットメルトマシンは高度に自動化されていません。 1人は主にフォーム材料の移送と滴下を担当し、もう1人はフォームの出力と成形を担当します。 フォームの量が多すぎると、より多くの人手が必要になります。


良いニュースは、コンベヤーベルト、自動カッター、水冷装置の構成などの改善が提案されていることです。 これらの改善により発泡スチロール減容機の自動化の度合いが大幅に向上し、人手が節約され、機械の操作プロセス全体がより効率的になりました。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478