導入事例 Cases

導入事例

世界トップ500のXPSメーカーさんはグリーンマックスで断熱材を処理しています

ページビュー:1527 / リリース時間:2020-01-17
Owens Corningはアメリカ世界500強XPS絶縁板生産メーカーの一つ。同社は、発泡スチロール 建材を制作するの専門会社。その絶縁製品はすべて建築に用いることができる。こんな大会社で、製造過程で必ず大量の廃棄XPS材料があります。GREENMAX発泡スチロール減容機を使うことを通じて、彼らの廃棄物の問題が解決され、彼らのリサイクルの意識も高めになりました。
 Owens Corning
Owens Corningは62年連続500強会社となり、彼らは、商業用および住宅用の建物に快適さを向上させ、エネルギーを節約することを約束し、数千のXPS製品よりもっと軽く、もっと丈夫。Owens CorningのXPSは非常に人気があり、大量の生産能力が必要。 XPSの主に生産ラインでの廃棄物または廃棄された欠陥のあるボードを製造するために使用することはできません。Owens Corningの始まりは、この廃棄物を処理することができない、廃棄物は、造粒廃棄物の会社を使用するに売却する必要がありました。
 発泡スチロール 廃棄
彼らはGREENMAX会社は、単純なリサイクルプログラムを提供することができます知っている場合には、意識の高いレベルを呼び起こし、そして最終的にGREENMAX会社との造粒パートナーシップをサポートしていました。 GREENMAX会社はどんな回収解決方案を提供しますか?それはGREENMAX減容機A-C200です。廃棄XPSが完璧に処理できる、実際には、再生された材料は、XPS造粒および他のプラスチック製品の製造に使用することもできます。彼らは最終的に廃棄物のリサイクルに対して十分なスペースがないの問題を解決し、造粒は、最終的には安定したXPS廃棄物の資源を達成します。資源と安定性で、その造粒事業は急速に成長します。
ゴミ圧縮機
GREENMAX発泡スチロール減容機は、スクリュー圧縮技術で、50の圧縮率で動作することができます。もう一つの重要な点は、それ自体があまりにも多くのスペースを取りません圧縮機です。圧縮機の倉にXPS50立方メートルの廃棄物を入れて、最終的には1立方メートルになります。
 発泡スチロールインゴット
あなたが知っているように、当社が2007年にGREENMAXというアメリカブランドを立ち上げ、2014年まですでに1000台前後の導入実績がありました。現在当社が発泡スチロール減容機、フィルム脱水乾燥機などのリサイクル機器を取り扱っております。弊社のリサイクル機器が全世界70数ヶ国までも広がり、お客様より良い評判を頂いています。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478