導入事例 Cases

導入事例

SharwinFoamと発泡スチロール減容機

ページビュー:79 / リリース時間:2021-05-14

マレーシアの原料メーカーSharwinFoam SDNBHDと発泡スチロール減容機のメーカーGREENMAXが発泡スチロール再利用の問題について協力しました


Best Polyback Group(Sharwin Foam)は、東マレーシアに2つの工場があり、発泡スチロール業界で18年以上の豊富な経験があります。 このグループは、マレー市場に専門的な建築用断熱材を提供するだけでなく、軽量で輸送が容易な発泡スチロール魚箱をさまざまなマレーシアの水産物に提供し、東マレーシアの発泡スチロール業界で中心的な位置を占めています。


発泡スチロール関連製品の製造中に、一部の発泡スチロールの粉または不良品が製造されることがよくあります。 シャーウィンフォームは、カットされた発泡スチロールの粉を保管し、他の製品を製造するために別の工場に輸送するために使用されていました。 廃棄発泡スチロールの密度が低く体積が大きいため、SharwinFoamは毎月高い輸送費と人件費を支払う必要がありました。その時に、発泡スチロール再利用についてよくわからないです。

factory-in-Malaysia-210514

また、リサイクル品の季節性や需要の不安定だから、シャーウィンフォームはオフシーズンに独自の発泡スチロール粉を処理できないため、現時点では困って、粉などを保管します。しかし、材料の保管は不必要なスペースコストがあるだけでなく、工場の5S管理にとっても不利であり、発泡スチロールの可燃性のために火災の危険性が高くなります。したがって、Sharwin Foamは、保管されている発泡スチロールについて常に心配しており、より環境に優しく、合理的な発泡スチロール再利用ソリューションを見つけたいと考えています。

2020年、グループのマネージャーディレクターであるチョン氏は、GREENMAXの発泡スチロール再利用のソリューションについて学び、発泡スチロールにはより環境に優しいリサイクル方法があることに気付きました。発泡スチロール減容機で粉を高密度の圧縮品に減らすことができます。密度が高いため、圧縮された発泡スチロールの体積が大幅に削減され、輸送コストは元の90分の1にすぎません。また、圧縮された発泡スチロールインゴットもGREENMAXに高価で販売でき、GREENMAXは自社工場で環境にやさしい額縁、建材などの製品を製造しています。

eps-ingots-210514

Sharwin Foamは、発泡スチロール減容機で発泡スチロールを再利用する方法について、非常に環境に優しいと感じており、発泡スチロール廃棄物のリサイクルからも利益を得ることができるため、GREENMAXと協力してこの環境に優しいソリューションを実行することにしました。 そのため、シャーウィンフォームグループは、発泡スチロールの粉を処理するためにGREENMAX発泡スチロール減容機M-C50を注文し、溶けた残り物をGREENMAXに売り戻して、環境に優しい建材と額縁を作ることを計画しました。

greenmax-melter-210514

「GREENMAX発泡スチロール再利用のソリューションは非常に良いアイデアです。発泡スチロールの数量を減らすことで、輸送して環境に優しい発泡スチロールにすることができ、廃棄物の輸送、保管、安全性の問題を解決します。また、圧縮後の発泡スチロールインゴットをGREENMAXに販売することで大きなメリットが得られます。これは、社会環境の保護の一種であり、持続可能な開発を実現します。今後も、Best Polypack&SharwinFoamは社会環境を保護し続けます。 顧客に高品質の製品を提供し、廃棄物を合理的にリサイクルし、環境を尊重し、社会の持続可能な発展に貢献する一方です」とチョン氏は述べました。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478